【大炎上中】吃音症の客に屈辱的な行為をしたスタバの店員。これは絶対に許せない…

今、一人の客に対して、スタバの店員がとった行動がネットで大問題に。

その客は吃音症を患っていたのですが、その様子を見てスタバ店員がバカにし始めました。

その驚くべき内容に怒りがおさまりません…。


スポンサーリンク

吃音症とは

喋りがスムーズに出てこない、話すのにつっかかってしまう等のコミュニケーション障害の一つである吃音症。

不安や緊張からのストレスが原因と言われておりますが、なかなか有効な治療法が見つかっていないそうです。

吃音症から、上手く言葉が発せず、コミュニケーションがとれずに辛い日々を過ごしている方も多いと思います。

そのような中、吃音症を患ったイギリス人男性が、スターバックスの店員に最低な態度を取られたとイギリスの各新聞等複数メディアが報道し、物議を醸しています。

 

スターバックスで最悪な思いをした男性

その男性はイギリスでIT会社を経営しているリチャード・プロクターさん。

彼がケント州の、アッシュフォードインターナショナル駅に併設されたスターバックスを利用したときのことです。

吃音症のせいで上手く注文ができなかった彼に、スターバックの店員はとんでもない仕打ちをしたのです。

よくスターバックスでは、店員がカップにオリジナルメッセージを施すサービスを行っています。

オリジナリティ溢れるイラストだったりメッセージが店員によって書かれるので、日本でも人気のサービスとして有名です。

しかし、注文の際にどもってしまったリチャードさんが受け取ったカップ。

そこにはなんと、侮辱としか思えないような残酷なメッセージが書かれていました。

「RRR…ichard(リリリ…リチャード)」

リチャードさんのどもりをまねて書かれたメッセージ…。

これはされたらかなりショックですよね…。リチャードさんはこのサービスに対してこう語りました。

「これまで何十年も吃音についてからかわれてきたので、大体は我慢できる。
でも世の中には公共の場でこのようなからかいや侮辱を受けることに対応できない人もたくさんいる。
吃音症の人たちのこうした対応をしても、たいしたことではないと一部社会が思っている」

イギリス吃音症協会(BSA)のチーフ、ノーバート・リークフォルトさんは今回のスターバックスの対応を次のように非難しました。

「吃音者への対応がこのようであれば、スターバックスでは脳性麻痺患者にはどんな対応をするのでしょうか

まさにそうですよね。店員は面白いと思ってやったことだと思いますが、1ミリも笑えません。

スポンサーリンク

スターバックス側は下記のように述べました。

「今回の出来事は非常に残念です。直接リチャードさんに謝罪するよう連絡を取っているところです。
従業員の対応は容認できないものであり現在、懲戒処分を検討しています」

報道をきっかけにネットでも店員への非難が殺到し、カップに名前やメッセージを書くサービスを廃止するべきだという声もあがりました。

何故このようにからかうことができるのでしょうか。それは店員の吃音症への知識不足だと感じます。

今回この出来事がたまたま取り上げられただけで、世の中にはからかわれて悩んでいる吃音症の方々が沢山いると思います。

多くの方々に吃音症を理解してもらい、このような出来事が一刻も早くなくなって欲しいと感じます。

 

関連記事

【恐怖の濡れ衣!】警察「携帯触ってただろ、停車しろ」私「触ってません。スマホは何色でした?」→驚きの結末が…

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!