今の時代、副業は当たり前!

手軽にできてお小遣いかせぎできる

おすすめの在宅ワークサービスをご紹介します!

在宅ワークを選ぶ際のポイント

在宅ワークを選ぶには、その収益性という形で、生活の足しになるかどうかを考えなくてはなりません。

良い意味で言うと、フリーランスといういい方がありますが、それは、専門スキルをもった、ビジネススキルを持った人という意味があります。

ですので、あえて在宅ワークでは副業という位置づけで捉えると、やり方がわかります。

 

在宅ワークのみで生活ができるかどうかについては、在宅ワークのみで家族を支えていけるかどうかという問題を含めると、むずかしい問題です。

つまり、本業に加えて、自宅勤務を可能とされる人たちが、サイドビジネスとして生活の足しにするという意味では、在宅ワークを考えるべきです!

 

通常の仕事というのは職場での拘束時間をもとに、その連続勤務の内から、日給・時給を計算されています。

もし、在宅ワークにより、その収入を得ようとするのであれば、職場での拘束時間のあるシステムよりさらにきびしいと見なくてはなりません。

要するに、仕事を依頼されるくらいに、スキル持ちであることと、その収益形態に関してもしっかりとした仕事の経理計算ができなくてはならないのです。

ランキングとして在宅ワークを列記しますが、収入としてはやはりしっかりとした本腰が必要です。

 

それでは、実際に私がおすすめする「在宅ワークサービス」を4つご紹介したいと思います!

 

 

 

4位「Webデザイナー」

Webデザイナーの仕事は、在宅で出来るという利点はあります。

この場合は、在宅とはいっても、自宅をオフィス業務ができるように、ちゃんと税務署に登録していることが条件になります。

つまり、2~3人での共同事業だとしても、借りている作業用テナントもしくは、マンションの一室やアパートの許可が出る一室において、デザイナーの仕事を受注できるくらいであれば、そこでの納税義務があります。

 

また、スキルとして言っても、会社に属するデザイナーではなく、自然とスキルある在宅デザイナーに仕事の依頼や、下請けの発注が来る状態であるというのは、営業努力としての毎日の研鑽が必要になります。

つまり、会社形態でのデザイナーであれば、営業担当が仕事を取ってくるのに対し、在宅デザイナーでは、その仕事の収穫や、その他のデザイン業としての広告費の捻出など、仕事は多岐にわたります。

 

ただし、複数名で自宅で勤務することを分担すれば、サイドビジネスとしてはある程度の収入はあります。ランキングとしては4位です。

 

3位 「ITプログラマー」

ITプログラマーの世界は、在宅勤務を任せられている時点では、大手との取引のある状態であることが言えます。

ランキングでは3位の指定です。

 

プログラミングという仕事は、オフショアの仕事であれば、外資系との契約がある状態であったり、その仕事のスキルとして、一般のプロ以上の仕事ができるという意味で、在宅勤務が継続できるというかたちになります。

ですが、プログラミングでも、その仕事の成果の単価は安いといわれるのが、この世界になり、それを本業でするという意味では、なかなかむずかしい世界です。

プログラミングをサイドビジネスでと言ったときには、メインビジネスを何にするかも、よく考えなくてはなりません。

 

メインの方で職場に連結して、サイドビジネスで在宅と言った形がいいでしょう。

 

 

2位「テレフォンアポインター」

テレフォンアポインターというのは、アウトバウンド・インバウンドがあります。

自宅での電話に関しても、自宅そのものの電話番号を使用すれば、安全上の問題があります。

 

ただし、アウトバウンドとして、拘束時間を自宅で設けられることがありますので、その収入の確かさから、ランキング2位と呼べます。

これは、テレフォンコミュニケーターとしてのスキルチェックに合格することが条件になります。

そして、テレフォン記録を、タイピングによって同時に記録していく業務ともなります。

 

大手からの下請けであったとしても、自宅にPC・ネット回線・ビジネス対応のできる人が、その就業の条件となります。そして、自宅の電話番号に関しても、専用の番号を割り振られるくらいの、しっかりとした母体企業が必要になります。

 

 

1位「WEBライター」

これは、昨今の在宅ワークの中でも、伸びるのではないかといわれるサイドビジネスになります。

ただし、在宅で健康指導ができるという点では、販売にステルスマーケティングなどが、あってはならないですし、業務基準としてはきびしいものがあります。

つまり、販売専用にコメントを入力していくスタッフチャットアドヴァイザーというのが、正式な職業の名称でしょう。

 

大手からの下請けで、この仕事をするには、仕事自体の単価が安いということもありますが、テキストライティングをサポーターとして、ヘルスチェックの意味をかねて、タイピングスキルが必要な職業という訳です。

ランキングとしては1位になりますが、タイピングや法令順守ができるという点では、稼げる場合もあるかもしれません。

関連キーワード
オススメ, 副業】の最新記事
  • キヌア ダイエット
    美容と健康維持に効果抜群!栄養満点で話題のキヌアとは!?
  • 夏に向けてダイエットしたい人におすすめグミ5選☆
  • 色々な味を楽しみたい!おすすめのフレーバー飲料水5選!
  • おすすめのドライブレコーダー5選!【あなたと愛車を守る】
  • 北海道 スイーツ
    あまーい誘惑♡甘党さんにオススメの北海道の銘菓5選
  • 他の人と差をつける!個性的なスニーカー用靴ひもBEST5♪
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。