年々増加の一途を辿っている生活保護の受給人数。

その中でも外国人は受給の割合が多いといいます。

なぜこんなにも外国人は生活保護を受けることができるのでしょうか。

日本人ではありえないその驚愕の理由とは・・・

 

約5万世帯の外国人が生活保護を受給している

 

政府の調査によると、平成28年度に生活保護を受けた外国人世帯は、

月平均で4万7058世帯にまで上り、この数値は過去最多であるということです。

 

生活保護を受給するためには、簡単に言うと

お金を持っていない、かつお金を稼ぐことができないことが条件となります。

 

ごく当然のことですが、日本人でも上記を満たすことで生活保護を受給することができます。

というか本来日本人の為のものであるはずですし・・・笑

 

お金を稼ぐことができないということはつまり職に就くことができないということですが、

職に就けない理由として、日本人にはありえない外国人ならではのまさかの理由がありました。

その驚愕の理由とは・・・

 

日本語が話せない

 

出典〈産経ニュース

外国人が職に就けず、生活保護を受給する理由として

 

日本語が話せないという理由がありました。

確かに日本語が話せないと職に就けないのはわかりますが・・・

働き口がないのであれば、母国に帰ればよいのでは・・・?という疑問が浮かびます。

そもそも彼らは日本語が話せないにもかかわらず、なぜ日本に来たのでしょうか?

バブル期には仕事があった

 


出典〈vippertrendy

彼らは、バブル期に労働者として来日し、当時は職に就いていたようです。

しかし、リーマンショックなど、景気の悪化により徐々に働き口がなくなっていってしまったとのこと。

当時は日本語が話せなくても仕事はありましたが、現在は日本語が話せないために職に就くことができないみたいですね。

そう考えるとちょっとかわいそうな気もしますが、ネットの反応はどうでしょう?

ネットの反応

 

出典〈vippertrendy

・ナマポは自治体判断だろ 、無駄飯喰らいの小役人どもを吊るしたほうが良い

 

・日本人ならまだしも何で縁もゆかり無い外人を俺らの納めた血税で養わなければならんのや?国に帰 れよ?マジで

 

・本当に困ってる日本人を助けないでどうする!

 

と反応は外国人に対するものから役所に対するものまでありますが、

 

やはり辛辣なコメントで溢れていました。

 

働き口がないのに日本にいるのは生活保護が受給できるからではないでしょうか。

自国で必死に働くよりも日本で生活保護を受給するほうが、

より良い暮らしができるというところもあるようです。

まさかこんな理由で生活保護費が使われているとは・・・

必死に働いている身としてはちょっと不満ですよね・・・

今後の政府の対策にも注目したいところです。

関連キーワード
怒り, 驚き】の最新記事
  • 野村周平
    【サッカー炎上】野村周平『なにこの試合』ツイートに批判殺到w
  • 女の子 激怒
    【男子必見!】誉め言葉だけど絶対言っちゃいけない一言10選
  • ワールドカップ
    【ワールドカップ】日本に敗戦したコロンビアサポーターの異常な行動に批判殺到
  • 栄監督
    レスリング元監督、栄氏。謝罪会見後の行動が酷すぎる…
  • 大阪地震
    大阪地震で9歳女児が死亡、原因の落下したブロック塀構造が酷すぎる…
  • 小島一郎
    東海道新幹線の犯人、刑務所を出た後もまた犯行すると供述してしまう…
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。