【画像あり】宇多田ヒカルのアルバム制作時の手書きメモが1700万円で販売される…

宇多田ヒカル

なんと、宇多田ヒカルさんがアルバム制作時に書いたメモが、

アルバムでコラボしたラッパーのオフィシャルサイトで1700万円で販売されていたそう…

その内容がこちら。

 

 

スポンサーリンク

メモ書きが1700万円…?!

宇多田ヒカル

長期休業から復帰し、昨年9月にアルバムを発売した宇多田ヒカルさん。

そのアルバム『Fantome』には、ラッパーのKOHHさんとのコラボ曲が収録されているのですが、

なんとその曲のレコーディングの際に使われたと思われる“メモ書き”が、KOHHさんのオフィシャルグッズの販売サイトで売られていたのです。

そのお値段、なんと1700万円!!!1万700円の間違いではありませんでした…。

ファンでもなかなか手が出せない値段ですよね…。

 

音楽雑誌のライターはこのように語っております。

 

「ビックリして思わずゼロを数えてしまいました。見間違いではなく1700万円。

どうやら今年の2月くらいから売り出していたようです。“アート”と言ってしまえば、なんでもありなのかもしれませんし、値段も売るほうの自由ですが……」

 

そのメモの画像がこちら。

メモ

 

「良かったけど、最後が!」「惜しい なんか」等と描かれた宇多田ヒカルさんの手書きのメモが。

これって宇多田ヒカルさん公認なんでしょうか…?!

 

スポンサーリンク

 

メモを販売しているラッパーKOHHとはいったい何者?

KOHH

 

そんな問題のメモを販売しているラッパーKOHHとは何者なのでしょうか?

ライターはこのように語っております。

 

「ラッパーのKOHHさんは、現在27歳。音楽性だけでなく、イケメンなルックスに全身に刻まれたタトゥー、

薬物依存症だった過去を持つ母親といった生い立ちなど、現在、音楽界だけでなくファッション界など多方面から注目を浴びています。

宇多田さんが彼のファンだったことからアルバムでのコラボが実現したようです」

 

宇多田

 

ネットライブでも『忘却』を披露しておりました。

KOHHさんは自身の販売サイトで、宇多田さんとの商品だけでなく、

自身が描いたイラストや写真をコラージュした作品なども販売。そちらも1点で数十万円、ものによっては数百万円など、かなりの高値で販売されています。

アートとなると値段は売る側の自由ですから何とも言えませんね。

 

ちなみに双方の事務所はメモ書きについて『ノーコメント』だそうです。

そして数日後に問題のメモはサイトから消えてしまったようです。

宇多田さんはKOHHさんのサイドビジネスに巻き込まれてしまったのでしょうか。

KOHHはさん「適当な音楽スタイル」を自称していただけにもしかして、この商品に関しても適当だったのかもしれません…。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

【画像】やしろ優が21kgの減量に成功!ダイエットで可愛くなったと話題

よかったらいいね・シェアお願いします!