【画像有】中学校臨時教諭のわいせつ事件で小池容疑者逮捕!

群馬県で、中学校臨時教諭によるわいせつ事件が発生!一体どんな奴が犯行を?!今回は顔ばれもあります。

詳細はこちら。



スポンサーリンク





事件概要

事件自体が起こったのは2012年。群馬県警沼田署は、2017年2月26日、中学校で臨時教諭をしていた小池史敏容疑者(39)を強制わいせつの罪で逮捕しました。小池容疑者は容疑を認めており、「やったことは間違えない。欲望に勝てなかった」としています。現在は当時の詳しい状況を調査しています。

該当としては、当時19歳のアルバイト店員だった女性を車へ誘い込み、わいせつな行為に及びました。アルバイト店員の女性と小池容疑者に面識はなく、「写真をとらせてもらえないか?」と声をかけ、女性を後部座席に乗せてから犯行に及んでいました。

誰がやったの?

SNSはやっておらず、特定はかかりましたがついに発見。「川場村立川場中学校」の学校だよりに載っていました。

優しそうな人柄が伝わりますが、この人でも罪を犯すんですね。しっかりと反省して頂きたいです。

スポンサーリンク





教員の不祥事事件(抜粋)

これまでに教員という立場でありながらも罪を犯した人は残念ながらいます。これまでどのような事件が発生しているのでしょうか?

下関市立大学、学生にハラスメント

こちらは2017年2月16日に新聞に掲載されていた事件です。同大学の男性教員が複数の女子学生にハラスメントをおこない、懲戒解雇がされました。

大学側は、2次災害を防止するためにあえて具体的なハラスメントの内容を明かしませんでしたが、会見した荻野理事長らは「複数の学生に精神的苦痛を与えたことは大変申し訳なく、心からおわび申し上げる。ハラスメント防止の取り組みを検証し、再発防止に努めていく」
と謝罪しています。

「男児ポルノ」ネットワーク

こちらは見るのもぞっとするような内容です。SNSで知り合い、小中学生の男児のわいせつ画像をやり取りしていた現職の小学生教員6人が逮捕されました。神奈川県警によれば、10万点を超える男子の身体が移った画像や動画を押収し、被害男児は168人を超えるといいます。

犯行者の一人である大阪府の開発(かいほつ)哲也容疑者(35)
男児に合法的に触れることを理由にして職場に勤めていたといいます。おそろしいですね。主犯格として動いていた東京都内の公立小学校教諭、橋本顕容疑者(45)に至っては期限付き臨時教員として採用され、問題行動や保護者からのクレームは全くなかったというから怖いです。橋本容疑者らは、サイバーパトロールに引っかからないように「インターネットに流さない」「第三者に渡さない」など、ルールも徹底していたといいます。

これ、氷山の一角とは信じたくはないですが、どこかで同じようなことが起きているのかもしれません。

美人教師が6歳下の教え子と・・・(海外)

最後にイギリス発の事件です。当時24歳だったルース・ヴォーンさんはデザインとテクノロジーを学校で教えていましたが、その学校に在学していた当時18歳の少年と性行為に及んでいました。

その関係は少年が大学へ通い始めても続き、ヴォーンさんが少年が通っている大学へ行き、敷地内でも行為に及んだとしています。教師という立場でのこのような事件で教員を首になり、さらには半永久的にイギリスで教職に就くことを禁じられました。

信用できる教師が増えることを願ってやみません。

スポンサーリンク





よかったらいいね・シェアお願いします!