「このハゲーーー!!」でお馴染み、豊田真由子議員の新着音声がさらにヒドイと話題にwww

豊田真由子

秘書への暴言が暴露され、姿を消している豊田真由子議員。

この度、また新しい「暴言」が公開されました。

驚きのその暴言がこちら…。

 

 

スポンサーリンク

豊田真由子議員の現在の心境は?!

豊田真由子

今年6月に秘書への暴行・暴言が発覚した自民党の豊田真由子議員。

今月に入り、また新しい暴言の音声が公開されたようです。

豊田議員は現在、全く姿を見せませんが一体どこで何をしているのでしょうか。

 

なんと月刊『文藝春秋』10月号で豊田真由子議員が真相を語ったようです。

しかし、それを聞いた“このハゲーー!!”と罵倒され、暴力を振るわれた当の元政策秘書の男性は、このように語りました。

「最初から最後まで、要は『私は悪くない、政策秘書にとんでもないミスを連発されてしまった結果だ』という言い訳に終始しています。

自分を省みる視点が欠落していると感じました」

あれほどまで暴言を繰り返しておきながら、人のせいにしているのですね…。

窮地に追いやられているのはわかりますが、反省もしていなさそうですね。

スポンサーリンク

新着音声「痴呆症か!!!」

豊田真由子

しかし、ここにきて週刊新潮が豊田真由子議員が発した暴言の最新データを入手したそうです。

まだ暴言はいてたんですね…。しかもまた別の対象に暴言を吐いていたそうです。

編集部が入手している音声データには、豊田真由子議員のこんな発言が収められています。

〈自分はのうのうと何百万もらっといて、松森もすごいねえ!〉

〈痴呆症か! それもそれでジジイとババアで!!〉

 

ここに登場する“松森”“ババア”とは、豊田事務所の「新政策秘書」として一時話題になった青森県板柳町議・松森俊逸氏の妻のことだそうです。

事務所の公設第一秘書を務め、その夫も秘書として採用されたほど“重用”されている松森秘書に対しても、この罵りようだったそうです。

政策秘書のミス云々という豊田氏の理屈が成り立ち得ないことはここで判明してしまいましたね。

9月13日発売の「週刊新潮」では、他の“豊田告白”についても検証しているようです。

新公開の音声と共に、なんと今後も国会議員を続けるという豊田氏について報じております。

スポンサーリンク

ネットからの声

ここぞとばかりに畳みかけてきたな

最近流行ってるのかね。小出し戦法w
もっとやれw

いい加減にしろパワハラババア

ガラガラ秘書が変わるから
有能な秘書が近づいてこないんだろうな
この秘書が無能なのは認めざるを得ない

この人こういうのを常日頃から独言で言ってる感じする
風呂入りながらとか

よかったらいいね・シェアお願いします!