知らないとヤバイ!夜中にトイレで目が覚めるのはアレのせいだった!

夜中にトイレに行きたくて目が覚めてしまう、という人多いのではないでしょうか?

この症状がある人は、今すぐ生活改善をする必要があるかもしれません!

原因を知りたい方はコチラ


スポンサーリンク



夜中にトイレで目が覚めると体の危険信号かも!?

夜中にトイレで目が覚めてしまうことありませんか?

寝る直前に水分を多く撮り過ぎた場合のみ、という方はそこまで心配する必要はないですが、

寝る前にトイレに行ったのに起きてしまう・・・そんな方は要注意です!

 

通常、正常な人の場合、夜間にトイレに行きたくて目が覚めることはなく、0回が適正です

トイレで目が覚めてしまう場合、体に何らかの異常があるから発生しているのです!

夜中にトイレで起きてしまうということは、熟睡ができなくなってしまい、体のリズムを崩してしまうので、今すぐ改善が必要になります。

 

夜中にトイレに行きたくなってしまう原因とは・・?!?

それでは、一体何が原因で寝ている間にトイレに行きたくなって起きてしまうのでしょうか。

その大きな原因と考えられているのが、「食事の塩分摂取過多」です。

夜の排尿について、長崎大学の研究チームが研究を行ない、欧州排尿器科学会で発表した結果によれば、

バランスのとれた食習慣にすることで症状が改善することができるそうです。

実際に300人の被験者に対して、塩分摂取量を減らした食生活にしてもらったところ、

排尿の回数が減ったという結果が出ています。

つまり、体の中に塩分を大量に摂取してしまうと、寝ている間に体の外に塩分を排出しようとして、

その結果頻尿を引き起こすということです。

スポンサーリンク



夜間頻尿に悩む人口の割合とは!?

夜間頻尿と聞くと、60歳以上の高齢の方限定の症状と思う方もいるかもしれません。

しかし、実際には40歳以上の約7割近くの人が夜間頻尿に当てはまるそうなんです。

人によっては、夜中に1度だけでなく2~3度起きてしまう、という症状を持つ人もいます。

 

そんな人は、まず自分の食生活を見直してみる必要があるかもしれません!

 

塩分摂取量を計算できるお役立ちサイト&アプリ

たとえ夜間頻尿に悩まされていない方でも、健康のために塩分摂取量はきちんと管理したほうがよいです。

ただ、そんなことを言われても、日々の食事で一体どのくらいの塩分を摂取しているのか、記載されていない限りわからないですよね。

 

そんな人には、「ナトリウム」の量から塩分相当量を計算するサイトがあります。

ナトリウム量から塩分量を計算

 

また、今は便利なアプリもたくさんありますので、塩分量を計算するアプリも数種類あります。

例えばコチラ。

【塩分計算機】

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hachity.enbunkeisanfree&hl=ja

スポンサーリンク



ぜひみなさんも健康な体を保てるよう、一度食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

よかったらいいね・シェアお願いします!