【油断大敵】忍び寄る「夏のうつ」と対策について

アイキャッチ_ひまわり

うつ病は現代にこそ流行る、とても恐ろしい病気ですが、実は季節性があることをご存知でしょうか?

今回は「夏のうつ」について詳しく取り上げます!


スポンサーリンク
 

忍び寄る「夏のうつ」と対策

夏のうつ

皆さんは夏のうつと聞いて何を思い浮かべますか?

これは、うつ病に夏特有に起こる夏バテが追加されたようなもので、本来うつ病として扱われるべき食欲不振や不眠、体重の減少、気分の落ち込みが夏バテとひとくくりにされる症状です。

症状がうつ病だとしても本人も周りの人も気づきにくいため、一般的に知られているうつ病よりも性質が悪いんです。

うつで悩む人

そのため、うつ病対策に加えて夏特有の対策が必要なんです!

夏のうつ対策

手段は、主に3つあります。

暑さ
冷房効かせすぎは厳禁で、適温を意識しつつが重要のようです。

食生活
アイスばかり食べると偏ってしまうので、バランスよく食べるのが理想的。

スポンサーリンク

睡眠
良質な睡眠は良質な生活を生みます。

体のリズムを戻すために重要な行為である以上、外せません。

さらに、うつ対策で全般的に有効な習慣として

・朝日を浴びる
・魚を食べる
・散歩をする
・単な片付け、掃除で気分をすっきりさせる

がありました。

ネットの反応

・朝起きて近所の松屋まで5分ぐらい散歩して鮭定食食べて家帰って寝る これでいい?

早朝ウォーキング
・うつ病って人の生活を壊すほどの病気なのな…、無知ですまそ
・支えてくれる家族がいねえとこれやってても一人だと治らんぞ
・いまさらだが、人間をここまで追い込む社会ってどうなのよ…
人間を自然のリズムに戻すだけで回復するの、なんか人類の神秘を感じるわ

冬のうつ

冬のうつ

夏のうつもあれば冬のうつもあるんです。

原因は不明ですが、どうやら日照時間が関係しているようで、冬場だけに症状が現れます。

冬のうつ

そして、うつ病は一般的に食欲不振や不眠が目立ちますが、冬のうつは逆に過眠と過食が特徴

過食に関してはチョコレートなどの甘いものを欲し、過眠に関しては10時間以上寝ても眠気が取れないんだとか。

冬であることを体が察し、自分の身に蓄えようとする動きが見て取れますね。

スポンサーリンク
 

冬のうつ対策

日常生活に支障が出ているため、体を日常に戻す(朝起きて日光を浴び、夜に就寝する)ことがとても重要になります。

その他、運動と服薬(頼りすぎ厳禁です)を適度にとることで体にリズムが戻っていくそうです。

うつという共通事項である以上、夏のうつ対策とひとんど等しいものになりました。

関連記事

【社会人へ朗報】即効性あるストレスの減らし方7選

よかったらいいね・シェアお願いします!