【現代人必読?!】歩きスマホをターゲットにした当たり屋が話題

特に都市部ではそうだと思うのですが、歩きスマホで人とぶつかりそうになったなど、危険な思いをした人もいるのではないでしょうか?

歩きスマホは私たちが思う以上に危険なものでした・・・。

スポンサーリンク

歩きスマホ当たり屋?!

当たり屋とは、わざと相手にぶつかって因縁をつける理由を起こして何も悪くない人にちょっかいを出すような最低な行為をする輩ですが、今回は言い訳として歩きスマホをしていたから被害者側から当たってきたというのです。

当たり屋イメージ

今回のケースは明確な悪意がありますが、下手すると知らぬ間にこういったケースになることは(加害者にも被害者にも)想定できます。

このケースは珍しいものではなく、

「改札を出て少し歩いてから、地図アプリを見ていたら、自分よりも少し年上の男性にぶつかられました。すごく不自然にこちらに向かってきて歩き去ったので、わざとだと思うんです。
付近には、他にもスマホを見ている人はいました。そのなかで、それほど体が大きくなくて、強く反発しそうにない見た目の自分を選んでぶつかったんだと思います」

「ターミナル駅付近で、スマホを見ている人にぶつかるのを繰り返すおじさんがいます。狙うのは主に一人でいる女性。男性と一緒だったり、服装が派手で気が強そうな人には絶対に近寄らない。
私も友だちと待ち合わせ中にスマホを見ていたら、不自然に向かってきたおじさんにぶつかられて転びました。ちょうどやってきた友だちがものすごい剣幕で怒鳴ったら、すごい勢いで逃げられました」

というような声も続々と上がっています。

本来歩きスマホは危険であり、やる方が悪そうですし今後は自分の身を守るためにもしないほうがよさそうです。

スポンサーリンク

ネットの反応

・歩きスマホはやる方が悪いわ
・確かに人じゃないけど電柱にぶつかりそうになったことはある
・たまに自転車しながらスマホしてる人おるけどほんと理解できん。絶対危ないわ
・やりたい人はやればいい(ただし責任とれるなら)
・条例で軽く規制かけてもいいんじゃね?

きっかけとなったポケモンGOの現在

歩きスマホは前から問題となっていましたが、それを決定付けたのがアプリ「ポケモンGO」ではないでしょうか?

ポケモンGO

リリースから一年を向かえ、現在は伝説のポケモンが配信されていることで勢いが覚めないようにしているようです。

直近では、シカゴで開催されたポケモンGO一周年記念イベントPokemon GO Festで障害が発生し、話題になりました。

原因は現地でログインが殺到し、アプリに負荷が過剰にかかったことが原因で、すでにその問題は解決しており、今後のイベントで生かすと主催者側はコメントしていました。

第2のポケモンGOが出てきたとしても、こういったトラブルや事故に巻き込まれないようにしたいですね。

関連記事

【ポケモンGO】シニア世代に人気のわけが明らかに

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!