スマスマ最終回 中居正広の無言のメッセージ

SMAPの冠番組「SMAP×SMAP」が最終回を迎えました。

その時、リーダーの中居正広さん(44)の無言のメッセージが話題になっています。

スポンサーリンク

「SMAP×SMAP」最終回

1996年4月15日のスタート以来、20年9ヶ月もの間大人気だった番組「SMAP×SMAP」が26日に18時半からの約5時間の特番で最終回を迎えました。

これまでの名シーンの数々を振り返り、最後に5人の歌で終わるという内容でした。

SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」を歌い終えるとリーダーである中居さんは1人後ろを向き号泣しました。

解散報道が出てからも中居さんは顔を合わせなくてもいいからSMAPは残してほしいと語っていただけに最後の溢れ出る涙の想いが伝わってきました。

中居さんの無言のメッセージ

「世界に一つだけの花」の最後の部分、「もともと特別なOnly One」の歌詞につづいて、本来なら全員が人差し指を立てて左右に振るところですが、中居さんはここでパッと手を開き、5、4、3、2、1...と指折り数えるように5本の指を順番に畳んでいきました

最後は、閉じた指を開き、カメラに向かってバイバイ

この演出が格好良すぎると話題になっています。

中居さんがどのような心境でこの演出をしたかは分かりませんが、ファンの間ではやはり「5本の指にSMAPの5人を重ねたのでは」という声が多いです。

「SMAPは5人でこそ」、「いつかまたSMAPとして5人そろう日が来る」、「SMAPを今までありがとう、バイバイ」

など解釈は人によって様々でしたが、5本の指でメンバー5人を表しているのは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

エンドロール

エンドロールが流れる中で、メンバー5人はスタッフ1人1人と記念撮影。

先程まで号泣していた中居さんが、毎回笑顔で、1人だけスタッフの肩を組み撮影をしていました

さらに、肩を組むのは男性にだけで、女性にはノータッチというアイドルっぷり

最後までファンを意識した行動に、ネットでは「格好良すぎる」との声が飛び交っていました。

20年間仕事を共にしてきたスタッフに対して、今までの感謝の気持ちを伝えているかのようにも見えました。

 

裏方も仲間

「SMAP×SMAP」の最後の収録でスタッフ200人に、スニーカー「エアマックス」をプレゼント

スニーカーには、スタッフそれぞれの名前入りで、それぞれのサイズに合ったものを贈ったそうです。

このことについて、中居さんと交流の深いヒロミさんが他番組で、

「彼はそういう細かいこと、全部自分でやっていた。」

「全部サイズ聞いて、名前から何から。」

「個々に向けての感謝の気持ちと何か残るものをと考えていた。」

と話した。

 

最後に

森且行さん(42)がSMAPを脱退した時も誰よりも泣いていた中居さん。

「SMAP×SMAP」最終回を見ていて、誰よりも1番SMAPを愛していたことが伝わってきました。

普段は口が悪いキャラでやっていますが、どの番組でも誰よりもスタッフに優しく、高額の差し入れなども日常茶飯事だそうです。

こんな中居さんがリーダーだったからこそSMAPはここまで国民に愛されたアイドルグループだったのかもしれません。

俳優、司会、バラエティなど、皆1人でも活躍する場はあると思いますが、やはり5人で集まることがないと思うと寂しいですね...

いつかまた5人がそろう日が来てほしいとついつい願ってしまいます。

 

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!