セブンイレブンやはりブラック、工場のライン作業が精神崩壊レベル

セブンイレブンが工場でのライン作業の様子を公開!

しかし、その作業内容が従業員にとっては精神崩壊するレベルだと話題になっています。


スポンサーリンク

セブンイレブン、ブラック企業と言われる実態

セブンイレブンと言えば、度々その従業員への扱いがひどいことがニュースになっており、いわゆるブラック企業の1つと言われています。

その証拠に、2015年にはなんとブラック企業大賞にセブンイレブン・ジャパンが選ばれています。

もらっても全くもって嬉しくないこの賞・・・。

その受賞理由というのが、

・加盟店への搾取でアルバイトにもノルマを課すなどのしわ寄せがきて「ブラックバイト」になっていること

・販売期限が近い弁当などを値下げする見切り販売を本部から妨害されたことによる裁判があったこと

 

他にもバイトだけではなく、セブンイレブンのオーナーもかなりの重労働を強いられているという事実が流出しました。

その実態というのが、オーナーはアルバイトの人件費を削るために、自身が店舗に居続けなければならず、一部のオーナーはなんと「1日18時間労働」をしています。

 

コンビニのオーナーは睡眠時間がたったの3時間という人も多く、実際平均寿命が短い職種ランキングの上位にランクインしています・・・。

 

スポンサーリンク

セブンイレブン、工場のライン作業がやばい

そんなブラック企業と言われてしまっているセブンイレブンですが、その工場でのライン作業の様子がテレビで公開されました。

公開されたのは、毎週土曜日に放送されている「ジョブチューン~職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBSテレビ)という番組。

この番組の2時間スペシャルで「セブンイレブン国民のギモン全て解決」という特集があり、

その中で「なぜセブンイレブンの冷やし麺の麺は伸びないのか?」という疑問に答えるため、セブンイレブンの工場の様子を取材しました。

 

そこで公開された工場のライン作業というのがコチラ!

工場では機械で作られた面を人の手で容器に入れており、しかもその速さが尋常じゃない速さで、なんと「2秒に1個の速さで受け取る」ほどのスピード!

 

スポンサーリンク

この事実に対し、ネットではまたしてもブラックすぎる!という反応が殺到。。

・あーこれはやばいわ。工場で似たような仕事してるけど、まだ自分のペースでできてるから精神保てる。けどこれは機械のペースに支配されるから最悪。

・落としてくるという融通の利かなさがやばいな。平行に流れるベルトコンベア作業ならある程度自分のタイミングで融通がきくから。

・なんで機械化しないのか意味不明。

・自動車のライン工場のが楽そう。これ時間の余裕なさすぎやろ。

・せめて椅子に座らせろよ

 

セブンイレブンに限ったことではなく、他の企業でも発生している問題かもしれませんが、従業員の扱いをもう少し見直してほしいものです・・・。

よかったらいいね・シェアお願いします!