仙台国際ホテル、障害者従業員に髪の毛を燃やすなどの暴行があったことが判明!!

ホテル

仙台市青葉区の仙台国際ホテルに勤務する女性が料理長の男性から暴行を受けたこの事件。

なんと新たに、他の従業員からも暴行を受けていたことが判明。

その酷過ぎる内容がこちら。

 

 

スポンサーリンク

仙台国際ホテルで従業員への暴行が発覚

ホテル

先日、仙台国際ホテルに勤務している男性料理長が障がい者である女性従業員に暴行を加えていたことが判明しました。

今回は他の従業員2名も暴行に加わっていたことが新たに判明。

被害女性は宮城県警に被害届を出すことがわかりました。

被害者女性はフレンチレストラン「セラン」に勤務していた2016年7~12月、40代の男性従業員から「食材を取ってくるのが遅い」と言われ、顔や首をわしづかみにされたり、自身の包丁ケースに性的な内容を落書きされたそうです。

こちらがその包丁ケース。(一部修正しております)

他の従業員からも調理場にてガス台の近くに無理やり頭を押さえつけられ、頭髪を焼かれたと証言しております。

これはかなり許せないですね。

傷害事件に発展してもおかしくありません。

スポンサーリンク

被害者女性の証言

ホテルによると、今年1月2日に被害者女性が「料理長から暴力を振るわれた」と訴えたのを受け、同日に母親(42)を交えて面談。

ホテル側は料理長が膝で突き飛ばした事実を認め、謝罪。

鎌田さんからその際、従業員2人に関する訴えはなかったそうです。

ホテルは6月下旬に料理長や従業員を対象に内部調査を実施するも、1月の暴行以外に暴力や暴言を確認できなかったそうです。

暴行を行った従業員は1月末に退職したため、調査は継続するそう。

被害者女性は「働き続けるために暴力や暴言を我慢してきた。休職に追い込まれ、悔しい」と語りました。

女性は生まれつき両脚にまひがあり、障害等級は4級。

16年4月に正社員として採用され、同7月ごろセランに配属されたそうです。

このような事件は決してあってはならないものです。

いくら被害者女性に腹を立てたとしても、暴行するなんてありえません。

暴行をして退職した元従業員にも何かしら罰を与えて欲しいですね。

スポンサーリンク

ネットからの声

まぁいくら苛ついてたとしても
ここまでの暴行しようなんて
普通の人間なら思いもしないよなぁ

まあ明らかに暴行で悪いけど
いきなり障害者押し付けられるのもキツイよね

足に麻痺があるなら厨房仕事じゃなくて、座り仕事させればいいのに

厨房のパワハラは多いけどこれはやりすぎ、ただのいじめだろ

相手が誰であろうとどんな理由があろうとアウトでしょこれは

よかったらいいね・シェアお願いします!