【動画】3DCG女子高生”Saya”があまりに進化しすぎて本物と見間違うw

全てが3DCGの架空キャラクター”Saya”が本物にしか見えない!

とネットで今超話題になっています。

その実写と見間違うSayaの動きをご覧ください!


スポンサーリンク

3DCGキャラクター”Saya”とは!?

VRというバーチャルリアリティを体験できるヘッドセットが作られたり、3DCGで作られたキャラクターの”初音ミク”が実際のコンサートステージに出現して踊ったり・・・

今やバーチャルの世界が実際の現実世界で体験できるようになってきています!

 

そんな中、今話題になっているのが”Saya”という、全て3DCGで描かれている架空の女子高生キャラクターなんです!!

その”Saya”という女子高生キャラクターの外見がコチラ!

これがCGの架空キャラクターと聞いて驚きますよね!?

この写真だけ見たら、本物の女子高生にしか見えません!

髪や肌の質感から、目鼻立ちまで全てが実写にしか見えないですが、こちらは正真正銘、実在しない架空の女の子・・・残念ですねw

 

スポンサーリンク

Sayaのプロモーション動画がさらにやばい!

”Saya”のすごいところは、見た目の本物感だけじゃありません。

この”Saya”を使ったプロモーション動画が8月31日に公開されたのですが、その動画での動きがアニメーションキャラとは思えないほど、本物の人間そっくりなんです!

 

このプロモーション動画の中で、”Saya”ははにかんだり、頬を膨らませたり、腕を振って歩いたりと、まさに本物の人間と見間違うほど。

 

 

それでは、今ネットで話題になっている”Saya”のプロモーション動画をご覧ください!

 

スポンサーリンク

Saya、「ミスiD 2018」にエントリー

一体このプロモーション動画がなぜ作られたのかというと・・・

なんと講談社が主催する女性アイドルオーディションの「ミスiD 2018」に、この架空キャラクターのSayaがセミファイナリストとしてエントリーしているんです。

 

このオーディションが一体どういうものなのかというと

「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探す、

講談社主催の女の子オーディションプロジェクト。

数あるモデルやグラビアや雑誌の冠オーディションとはまったく違う、「世界にひとりだけの女の子」を探し、

その人にあった新しいスタイルで世に出そうというオーディションプロジェクト「ミスiD」

(公式サイトより引用)

とあるように、確かに3DCGの女の子なんてまさに新しい時代にふさわしい女の子ですよねw

 

こちらが現在公開されている、公式サイト上に掲載されているSayaの紹介ページ。

CGキャラクターもアイドルオーディションにエントリーできてしまうなんて、すごい時代です・・・。

ちなみにこのオーディション、もちろん本物の人間の女の子もちゃんとエントリーしていますw

 

こちらのオーディション、かわいい女の子もいっぱいいると思いますが、ぜひこのSayaちゃんに頑張ってもらいたいです!

よかったらいいね・シェアお願いします!