【悲報】ついにお賽銭まで電子マネー化

2017年になり、初詣に行かれた方も多いと思います!

そんな初詣の賽銭電子マネーで払える神社があると話題になっています!

スポンサーリンク

愛宕神社

東京都港区にある愛宕神社が2017年1月4日に初詣の賽銭を電子マネーで受け入れました

愛宕神社は、徳川家康が江戸の街を築いた時に創設され、その歴史は400年以上になる。

ご利益には、「火に関するもの、防火、防災」、「商売繁昌」、「恋愛、結婚、縁結び」といったものに加え、「印刷、コンピュータ関係」というのもあるそう。そのせいか、参拝客には、スーツ姿の男女も目立ちました。

 

電子マネーで賽銭

まず、左側のモニター付きテンキーで額を入力(1円単位で指定が可能)し、確定ボタンを押してから、右側のリーダーに楽天edyをかざす。

小銭を投げ込む「チャリーン」の音の代わりに、「シャリーン」という音で賽銭額が決済される。

後は、通常の参拝と同じ

 

スポンサーリンク

電子マネーでご利益があるのか?

参拝者からすると電子マネーの賽銭でもご利益があるのかどうか気になるところです!

この件に関しては、神社本庁の方は、何とも言えないとのこと。

お供えするものの形が、実態のある「お金」から、実態のない「電子マネー」に変わっただけという認識のようです。

そもそも賽銭を入れれば、必ずご利益があるということを神社は謳っていないそうです。

 

メリット、デメリットは?

神社側のメリット

・問題となっている「賽銭泥棒」の被害を回避できる。

・賽銭の計算が楽。

参拝者側のメリット

・小銭を忘れてもスマホがあればできる。

・入れたい金額を入れられる。

神社側のデメリット

・楽天に支払う電子マネーの手数料。

参拝者側のデメリット

・ありがたみがない。

 

ネット上の反応

・電子マネーでお賽銭が払えるって便利!

・nanacoやPASUMOにも対応してほしい。

・お賽銭が電子マネー...カッコいい!

・時代の流れなのかな。

・電子マネーの賽銭とかご利益なさそう...

・お賽銭を電子マネーで受付って神様的にどうなの(笑)

・小銭だと神様にあげてる感じだけど、電子マネーだと神社にあげてる感じ...

などなど、賛否両論でした。

 

最後に

確かに電子マネーだと財布の中に500円しか入っていないけど、500円も入れるのはな...なんてことは起こりませんし、普段カードしか持ち歩かない人も困りませんね!

しかし、個人的にはやはり電子マネーだと雰囲気が出なくて嫌ですね。こういうのは便利さが全てではないと思います。

お賽銭が電子マネーで定着している時には、年賀状なども無くなってしまっているのでしょうね。

少し切ない気もします...

来年、他の神社でも設置されるのか気になるところです。

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!