フィリピン大統領がヤバい!!「息子の麻薬疑惑が事実なら容赦なく殺す」と発言!!

ロドリゴ・ドゥテルテ

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、

「息子の麻薬疑惑が事実なら容赦なく殺す」と衝撃発言!!

一体何が起きているのでしょうか?!

 

 

スポンサーリンク

息子に麻薬密輸容疑?!

汚職や犯罪、特に麻薬に厳しい態度で有名なフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。

なんと今、彼の息子が麻薬の密輸に関わっていた容疑で疑いをかけられているそう。

そんな息子に対してドゥテルテ大統領が「息子の麻薬疑惑が事実なら容赦なく殺す」と発言したことで注目を浴びています。

実の息子をも処刑する勢いで麻薬を取りしまるドゥテルテ大統領。

一体どうしてこんなにも厳しいのでしょうか。

 

それは現在のフィリピンの麻薬犯罪の多さにありました。

フィリピンのマニラの覚せい剤中毒者は大人の5~7割にも及ぶと言われております。

そんな中毒者を取り締まろうと、すでに合法・非合法を含め7000人超の麻薬密売人・中毒者が殺され、警察だけでなく、自警団による“私刑”が横行しているそう。

そんな死のリスクを前にしても、ドラッグをやめない人は多いのが現状です。

スポンサーリンク

 

息子を殺すと発言

2016年7月に就任したロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、就任前から麻薬犯罪撲滅を掲げ、現在までに麻薬取引に関わったとされる市民約9、000人を殺害してきたと言われています。

そんな中、大統領の長男であるパオロ・ドゥテルテ氏が中国から麻薬を密輸する組織の一員なのではないかとの疑惑が浮上。

 

政治家であるパテロ氏は、上院の公聴会で発言を求められた際にこの疑惑について自らの関与を否定しています。

この疑いに、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、「もし捕まるようなことがあればお前の殺害を命じる。そしてお前を殺した警察を擁護する」と息子であるパオロ氏に伝えたのでした。

これはかなり麻薬撲滅に対して真剣に向き合っていると考えられますね。

スポンサーリンク

ネットからの声

もし彼の息子が警察に撃たれたりしたら、
その警察官はものすごーく慎重に取り調べられるだろうな

↑”取り調べ”って背中を二回撃たれた後に川に流され、自殺って報道されることを指すならそうだね

実際に殺したら教えてくれよな
政治家による約束は守られないのが当たり前だから

この大統領の麻薬戦争やらそれに伴う暴力らは、独裁政治にするために過ぎないと思うね・・今すぐ辞めるべきだよ。

大統領の主張は一貫してる。そこは支持したい

この息子がまだ生きてる時点でもう特別扱いされているのでは・・・?

父の日は気まずくなりそうだね

現代版スターリンってか。
スターリンも自分の家族より命令や権力を大切にしたからね

少なくとも彼は節操のある人だね。理解し難いし、歪んでるけど信念貫く姿勢はいいと思うよ

マフィアに大統領の地位与えたらこうなるから気をつけろよ

なんでまだ大統領やってられるんだよ・・・

↑サポートする人もたくさんいるからなあ 田舎は特に。

よかったらいいね・シェアお願いします!