【もはや才能】警察官も騙される!?振込み詐欺とは

今なお現金を騙し取る振込み詐欺が多発している中で、今回は警察ですら気づけなかった振込み詐欺事件がついに起きてしまいました・・・。



スポンサーリンク

詐欺電話気づかず・・・

事件は大阪府富田林市で起こりました。富田林署の巡査長(30代)がATMへ振込みに来た70代女性に声をかけ、携帯電話のかけ方を聞かれたため、教えます。その後、女性は通話しながらATMを操作し始めました。その光景からは警察官問わず、誰でも「振り込み詐欺じゃないか?」と思いますよね。

その場にいた巡査長もそれを察して、電話を代わります。すると、その電話相手は銀行員を名乗り始め、「操作方法を教えている」と言い出したんです。あまりに自然な応対が続いたため、その巡査長も気づかず、その女性は還付金名目で現金(100万円)を振り込み終えてしまいました。

これらは特殊詐欺事件と呼ばれ、増加傾向にあることから、ATM前で警察官を待機させ、この手の詐欺を防止するように努めていたんです。実際2017年1~3月で104件もの被害を防いでいました。

スポンサーリンク

まだある!振り込み詐欺の種類とは

ここでは警視庁のHPを参考に、振込み詐欺にどのようなものがあるかを確認してみましょう。

犯人が現金やキャッシュカードを直接被害者の自宅などに取りに来る「現金受取型」・「キャッシュカード受取型」や、宅配便などを利用して犯人が指定した宛先に配達させる「現金送付型」といいます。

”警察庁振込み詐欺対策HP”

いわゆる「オレオレ詐欺」は現金受け取り型が8割とも言われています。また、「キャッシュカード受取型」詐欺で典型的なものとして、警察官になりきる場合がとても多いです。例えば

「あなたの口座が(詐欺事件に)悪用されていることがわかった」
「新しいキャッシュカードに変更するため、銀行協会の職員があなたの自宅に取りに行く」
「キャッシュカードを預けてほしい」
「手続に必要なので暗証番号を教えてほしい」

”警察庁振込み詐欺対策HP”

と、言葉巧みに話してきます。少しでも内容に不審な点が浮かんだら、すぐさま警察へ連絡しましょう!

ネットの反応

・警察も騙せるほどの詐欺師ってもう才能だと思う
・警官がアホなのは事実なんだけど、それだけ口が上手いってことでもあるんやろうね。バカにしてる自分自身が引っかからないように気をつけなきゃだわ。


・いつまでたってもこういった詐欺がなくならない理由がわかる気がする
・ATMで困って銀行員と話しているならATMに付いている受話器使わないか?
・警察が出てもつっぱねる詐欺師がすごいな。

関連記事

詐欺メールへの対処がガチ笑えるwww
【画像あり】牛角を装いTwitterで偽キャンペーン!詐欺を行っていた会社や代表は?
Amazonの詐欺が巧妙で危険。気をつけて!

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!