【やっぱり】コンビニ弁当を食べないほうがいい理由

アイキャッチ

ファミレスやコンビニ弁当は体に悪いと思いながらも、その利便性からついつい使ってしまいます。

やはり、コンビニ弁当やファミレスは体に悪いものでした・・・。

スポンサーリンク

体に悪い理由とは

少し前にニュースで取り上げられていたTPP(日本・米国を中心とした環太平洋地域による経済連携協定)によって、外国産の安い食物が大量に日本に入ってくることで、安いだけが取り得の食材が取り入れられてしまうためです。

国内の食料消費が、国産でどの程度賄えているかを示す指標を食料自給率といいますが、現在カロリーベースで38%であるのに対し、TPP発行後の食料自給率は13%まで低下してしまう試算が出ているのです。

弁当

今以上に加工食品が蔓延してしまうと、私たちの食生活および生活のクオリティが著しく下がってしまうと思われます・・・。

食べ物そのものの栄養素がなくなっていってしまうと、栄養が慢性的に足りなくなり、体を壊しやすくなってしまうのは明白ですよね。

実際、食べ物を加工していくごとにビタミンやミネラルといった、その食べ物で重要である栄養が失われていくことはわかっています。

いくら味が美味しくとも、その食品に栄養がなければ意味ありませんし、ましてや加工食品であればなおさらです。

では、これからどのように過ごしていけばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

私たちにできること

これからの食のグローバル化に伴い、工業加工食品が年を増すごとに増えていくのは避けられないため、自主的にそれらの食品を選ばないようにしたり、自炊などで栄養のある食品を選んで食べる必要があります。

加工食品本

このまま日本のお金が外に流れていってしまうと、それこそじわじわと自分で自分の首を絞めるのに等しくなってしまいます。

自分の体に入れる食品にこだわることは自分を大切にすることです。

毎食美味しく「いただきます」を心がけたいですよね。

ネットの反応

・毎食コンビニとかマックいってたら体ががたついたことあるから、それ以来積極的に食べてないな。
・非常事態の時にしかコンビニ使わないな。何の肉食べてるか全くわからないからこわい
・自炊するの好きだから、わざわざ外で食べるの不思議。家でゆっくり食べるのストレス発散になるからオススメ
・仕事柄どうしてもコンビニヘビーユーザーなんだが、やっぱ体壊したよね
・自炊のほうが安いで
・皆そんなに長生きしたいの?

関連記事

【某大手コンビニが完全に詐欺・・・】コンビニコーヒーのR、Lサイズの量を比較してみたら衝撃の事実が発覚!(動画あり)

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!