【動画あり】熊から逃げるカップル。しかし熊の頭に乗っているモノを見てさらに大パニック!

カップルが散歩をしていると、なんと熊に遭遇!

大ピンチに追いやられた2人だが、熊の頭に乗っているものを見て唖然。

その驚きの内容とは…?!

スポンサーリンク

頭に乗っていたものとは…。

アメリカ、ペンシルベニア州クラリオン郡にて、ある日ディーン・ホーンバーガーさんとサマンサ・エイゲンブロードさんは自宅近くを散歩していました。
すると突然、2人は視界に入ったある物に唖然。
それは一頭のアメリカクロクマでした…。2人はパニックに陥りました。それもそのはず、日本のツキノワグマと同種のアメリカクロクマは、グリズリーのように高い殺傷能力はないものの、それでも遭遇は避けたい危険動物だからです。

しかしディーンさんとサマンサさんは、あろうことか熊の方角に向かって行ったのです!
気でも狂ったのでしょうか…。

なぜ敢えて危険な行動を選んだのでしょう?それはそのアメリカクロクマのほうが異常事態に陥っていたのです。
近づいて見ると熊の頭はすっぽりとバケツの中にはまり込んでいました。
どうやらバケツにはまってしまってそのまま森から人間の住むところへ下りてきてしまったようです。
後に判明したことですが、熊がバケツにはまってから既に8週間近くが経過していたそう。
バケツに囚われ窮地に陥った熊はかなりパニクッていたに違いありません。
自分がバケツから頭が8時間も取れなくなったことを想像すると気が気じゃないですよね笑

ディーンさんは最初一人で熊をバケツから解放しようとしましたが、あまりにもきつくはまり込んでいたため、手の施しようがありませんでした。
そこで近所から熊の救済のため一団が集められ、熊を地面に押さえつけての作業が進められることになります。

こちらが熊の救出劇の画像です。

男性3人がかりで熊を取り押さえ、ノコギリでバケツを裁断していきます。
熊も何が何だかわからないくらいパニックだったことでしょう…。

スポンサーリンク

やっと解放されました。
あまり大きい熊ではありませんでしたが、暴れるとカナリ危険なアメリカクロクマ。
ディーンさんと住民の皆さんの勇気に拍手ですね。

ネットからの反応

・これはすごい
・バケツの中に何が入ってたんだろうね
・お見事だね
・このサイズでも襲われたらひとたまりもないよ
・熊かわいそう…ずっとさまよっていたんだろうか。
・餌でも入ってたのか
・優しい人達に発見されてよかったね

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか。
無事バケツが取れて本当に良かったです。
ディーンさん達の救出劇も本当にお見事でした。

よかったらいいね・シェアお願いします!