今の新人メンタルはこう違う!金より時間を重視する理由とは

アイキャッチ_挙手

休みが少ない代わりに賃金が高い、もしくは休みが多い代わりに賃金が低い。

新入社員にどちらがよいかを聞くと個人でも変わりますが、調査から意外なことがわかりました・・・。

スポンサーリンク

新入社員の主張

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが約1300人の新入社員にアンケートを実施したところ、「会社に尽くすのではなく私生活を重視する『自分ファースト』のライフスタイルだ」という分析結果がでました。

くつろぐ2人

2004年からこのアンケートは実施されており、常に「休日が増えることより、給料が増えること」が多い傾向にありましたが今回の調査で初めて逆転したんです。

昨今ではブラック企業や、過労死の問題が珍しくない時代となり、働く価値観が換わってきたのかもしれません。

スポンサーリンク

新入社員データ

ここではそんな2017年度に入社した新入社員についてのデータ(三井ダイレクト損害保険株式会社監修)を見てみましょう。

新入社員

・初任給の平均額は190,047円
・初任給使いみちのトップは「貯蓄」の54%
昼食は「自炊してお弁当を持参する」のが全体64%(男女別で見ると女性75%、男性48%)
・理想の上司に期待することのトップは「気配りや思いやりがある」の59%

節約志向が強いですよね。先行き見えない不安からの行動でしょうか。

ネットの反応

・まあどうせ給料上がることなんてないんだから、せめて休みはちゃんととりたいわって感じじゃね
・これは正しい 拘束時間と休日は給料より大事 給料はそこそこ貰って自分の時間は大事にが一番幸せだろ
・そりゃあねえ、生存のために稼いでるわけだし 成し遂げることより生き残ること重視なのが今の風潮よ

楽しげな美人
・意識変化というより、本音を隠す必要がない程売り手市場なのでは。昔も今も本音は同じ。
・時間だな 週5で1日6時間勤務で250万の方に幸せ感じる人は一定数いる、男でも
・つまり正規雇用増やして硬直性を高めるより、正規は社畜高給用、非正規は残業無しまったり人生用、 とちゃんと差別して、また転職しやすいように流動性を高めてほしいわけよ。

 

スポンサーリンク

コツコツ安定した仕事、程よい休みとプライベート時間の充実。

もちろんこの結果が全てではありませんが、仕事に対する野心や情熱の割合が少ないような傾向も見られました。

大手企業に入って終身雇用の時代は終わりを迎えつつある中で、仕事のあり方ややり方も今後変わってきそうですよね。

関連記事

【新人必見】先輩社員が求める社会人必須スキル

よかったらいいね・シェアお願いします!