【警告】爪に黒い線が出ていたら、至急病院へ!その恐ろしい理由がこちら。

爪に黒い線が出ていたら至急病院へ!!

恐ろしすぎるその理由とは…。

詳細がこちら。

 

 

スポンサーリンク

客の爪に黒い線を見つけたネイリスト

ネイル

爪は健康状態を表すとよく言いますね。

そこで今回ご紹介する話は、ある爪の状態のお話です。

登場するのはジーン・スキナーさんというネイリスト。

彼女は最近、自分が担当したある客の話Facebookに投稿しました。

その客の爪を見るや否や、ジーンさんは心配になってしまいました。
なんとその客の爪には下の写真のような一筋の黒い線が入っていたのです。

ジーンさんはその客がとても心配になりました。

なので彼女はお客様に対し、すぐに医療機関へ行ってお医者さんの診断を受けた方が良いと勧めました。

状況がよくわからず、とりあえずジーンさんに言われた通り、病院で診察を受けようとする客。

しかし、ジーンさんが言ったこの時の忠告が、このお客様の命を救う事につながったのです。

一体黒い線はなんだったのでしょうか。

スポンサーリンク

黒い線の正体とは

1

一体黒い線はなんだったのでしょうか。

その客は何年もネイルサロンに通っているというネイルが大好きな方だったそうです。

その黒い線が気になり、お客の要望は、「この黒い線を隠す為、濃い色を塗って欲しい」というものだったそうです。

ネイルサロンによってその判断基準はまちまちで、
カルシウムが足りないせいだという人やご両親からの遺伝的なもの、血豆だと言った人もいるようです。

しかし今回の場合は恐その黒い線の正体は恐ろしいものでした。

なんと黒色腫(メラノーマ)と呼ばれる病気だったそうです。
その客はジーンさんのおかげで命拾いしたということですね。

更にとても進行の早いタイプで、診断時にはすでにリンパ節にまで範囲が広がっていたそうです。

爪の異常は大抵問題ない事が多いですが、まれにこのように深刻な病気を表している時もあるので皆さんもご注意下さい。

早めにわかれば早めの処置ができるので、自分で注意を払う事が難しい人たちの爪の基礎部分も気を付けてあげて下さいね。

写真みたいな黒い線を見つけたら、すぐにお医者さんへご相談してみて下さい。

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか。

意外と爪の異変って「大したことはない」と放って置きがちですが、このような恐ろしいことが起こっている可能性もあるのです。

下手をしたらいのちを落とす可能性も潜んでいるのです。本当に恐ろしいですね。

是非注意して気をつけてみて下さいね。
また、しらないかたがいたら是非教えてあげて下さい。

 

 

よかったらいいね・シェアお願いします!