【悲報】「麺+ご飯もの」が昼の生産性を著しく下げることが判明

アイキャッチ_麺とご飯もの

昼食に「麺+ご飯もの」・・・。

手頃に注文でき、とても魅力的なメニューですが、実は昼過ぎの業務がとても効率悪くなることがわかってきました。


スポンサーリンク
 

効率悪くなる原因

昼食後の眠気・・・、一度は経験したことないでしょうか?

原因を調べるために、スウェーデンのガス作業従事者75,000人を対象に統計をとりました。

すると、昼食有無に問わず、14時頃に集中力が落ち、体が眠気モードに向かっていくことがわかりました。

これ、人間誰しもが持っている体内時計のある遺伝子が起因しているんです。

朝目が覚めたり、夜には眠くなったり、お腹が空いてきたり・・・。

体内時計

皆さんが当たり前に行動していたり、感じていたり、人間が自然に行動する元には、「時間遺伝子(体内時計をつかさどる遺伝子群)」が人間一人一人に備わっているんです。

14時頃に眠くなるのは時間遺伝子のためだったんですね!

時間遺伝子のせいにして、昼食のことをおざなりにしてはとても勿体無いです。

次項でどうすれば昼の時間を効率よく過ごせるかを考えていきましょう。

スポンサーリンク
 

効率よく昼を過ごすために

皆さんの多くは社会人であり、午後もたくさんの仕事を抱えている中で、時間遺伝子を言い訳に寝るわけにはいきません。

この昼食後の眠気を最小限にするためのポイントは、昼食の量と質です。

冒頭でも出てきた「麺+ご飯もの」は炭水化物のオンパレード。

炭水化物のオンパレード

血糖値が急上昇し、それを下げようとインスリンが過剰分泌。このインスリンの過剰分泌が眠気やだるさ、心身のイライラを起こすんです。

ということは、インスリンの過剰分泌を避けるように昼食をとればいいんですね!

対策としては
・朝食で栄養を十分に摂取し、昼食は軽めに取る
・糖分が強い菓子パンなどを避け、甘栗、焼き芋、バナナ(低GI食品)などを摂取し、血糖値の上がりを緩やかにする
・いっそ15分程度昼寝する

などが上げられますね。

パーソナルトレーナーは、自分は今何を食べているのか?を常に考えてボディメイクをしています。

マッチョ

つまり、科学なのです。

科学ということは、言い換えればインプット(食べ物)が決まればアウトプット(自分の体調や肉体)が決まります。

これは私たちの体でも例外はないはずなので、この側面が頭の片隅にあるだけで、日々の生活が変わってくるかもしれませんね!

スポンサーリンク
 

ネットの反応

心当たりがある人も多く、ネットでは納得する声が上がりました。

・昼過ぎに昼寝の制度を日本企業は取り入れるべき
・つまり、ラーメン半ライスとかマジ基地って事か
確かに昼飯食うと気絶するように1時間くらい寝ることがよくあるな
・定食屋でも野菜から食べ始める人をよく見るもんな 血糖値対策は一般化してる印象

関連記事

【衝撃】ついに発覚!マクドナルドの肉の正体!
【危険】消費期限を過ぎたら絶対に食べてはいけない食べ物7選!
赤ちゃんがはちみつを食べて死亡・・・。残念すぎる・・・。

よかったらいいね・シェアお願いします!