【閲覧注意】マクドナルドのハンバーガーを14年間放置!結果は?

マクドナルドのハンバーガーを購入してから14年間放置

どうなったのか!?衝撃的な結果はこちら!!

スポンサーリンク



ハンバーガーを14年間放置

ハンバーガーを食べ続けると健康に害が及ぶというのはよく知られている。

害が及ぶ原因でもある防腐剤に関する衝撃的な事実がテレビ番組「The Doctors」で明らかになった。

1999年にハンバーガーを購入したデイビット・ウィップルさんは「防腐剤がどっさり使われているマクドナルドのハンバーガーは時間が経っても変化しない」ということを友人に証明するためにハンバーガーを1ヶ月間放置してみた。

しかし、すっかりその事を忘れてしまい、2年後、コートのポケットから放置され続けたハンバーガーを見つけた。

ハンバーガーを発見したデイビットさんはそのまま放置し続けることを決めたのですが、14年経った2013年に再びハンバーガーを見たデイビットさんは、姿かたちが全く変化していないハンバーガーに驚愕したそう。

これが14年間放置され続けたハンバーガー。

番組の司会者が実際に確認したところ、カビが生えたり、異臭を放ったりするということはなく、ほぼ14年前の姿のままだった。

強いて言うならば、ピクルスが型崩れしていた程度。

しっかりと買った当時の紙袋とレシートまで残しているそう。

消えかかっているが、買った日付が確認できる。

デイビットさんは、孫にハンバーガーを見せ、食べる物には気を付けるよう教育する予定だと語った。

14年間という長さには驚きです。普通なら14日間でもカビが生えたりすると思うのですが...

それだけ腐らないための防腐剤などの添加物が入っているということが分かります。

それにしてもハンバーガーをコートに入れたまま2年間気付かなかったというのも驚きです(笑)

スポンサーリンク



7社のハンバーガーを放置して比較

全米ファストフードチェーン7社、マクドナルド、バーガーキング、ウェンディ―ズ、 ジャックインザボックス、カールス・ジュニア、イネアウト、ウマミバーガーのチーズバーガーをガラス瓶に入れて蓋をし、30日間放置する という実験を行った。

すると信じられない結果が!?

・ウェンディーズ

・うまみバーガー

・イネナウト

・カールズジュニア

・ジャックインザボックス

・バーガーキング

・マクドナルド

ファストフードは防腐剤などの添加物が多く含まれていて、体に良くないと言いますが、その中でもこんなに違いが出るなんて...

断トツでマクドナルドに添加物が多く含まれているようです。

結果が信じられない人は、是非ご自身でも試してみてください!

日本のチェーン店でやってみたら、また違う結果が出るかもしれません。

何にしても将来の健康のことを考えて、食べるものは自分で選ばなくてはいけませんね。

関連記事

【警告】ペットボトル飲料から発がん性物質発見・・・。驚愕の真実とは?!

スポンサーリンク



よかったらいいね・シェアお願いします!