マック、ローストビーフバーガーに豚肉使っていたことが発覚!

ハンバーガーチェーン店のマックでまたまたメニューに関する詐欺事実が発覚!

ローストビーフバーガーに使われていた肉が実は豚肉だったんです。

その証拠がコチラ・・・


スポンサーリンク

期間限定メニュー、東京ローストビーフバーガー

現在マクドナルドが行なっているキャンペーンというのが、マクドナルドの省略の仕方対決!

これは度々話題にあがるテーマですよね。

マクドナルドを「マック」と呼ぶのか、それとも「マクド」なのか。

 

実際、マクドナルドの公式ホームページの情報によれば、「マクド」と呼ぶのは全国でも近畿地方を中心とした11府県だけだそうです。

なので、現時点では「マック」の方にぶがありそうですね。

※筆者自身は関東圏に住んでおり、マックと呼んでいますがご了承ください。

 

このキャンペーンでは、「マック」と呼ぶ人口が多い東京と、「マクド」と呼ぶ人口が多い大阪でそれぞれ代表とされる新メニューを8月9日~9月上旬まで期間限定で販売予定となっています。

そして今回話題になっているローストビーフバーガーというのが、東京を代表するメニューの1つになっているメニューなんです。

公式ホームページに掲載されている「東京ローストビーフバーガー」の見本写真がコチラ。

ジューシーな100%ビーフと、肉の旨みをしっかり感じるローストビーフを、バゲット風バンズでサンドしたバーガーです。

(マクドナルド公式ページでの成分表より)

 

ローストビーフというと、通常もっと薄く切られているものが多いですが、見本写真を見る限りかなり分厚く切られていて、実物もこれくらいなら非常においしそうですよね!!

 

スポンサーリンク

東京ローストビーフバーガーの実態・・・

では実物は一体どうなのか、実際に食べた人がSNSに投稿している写真をご覧ください。

え!?これ本当にローストビーフ!?って思いませんか?

写真を見る限り、ローストビーフには全く見えません・・・。

ですが、マックの公式ホームページの成分表を見てみると、しっかりと100%ビーフという記載があります。

 

原産国情報を確認してみると【ローストビーフ】の箇所には、

主要原料は「牛肉/オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ」

と書いてあります。

この記載の通りなら、確かに牛肉100%ですが、今度はアレルギー情報のタブを見てみると驚きの事実がありました!

なんと、ローストビーフには牛肉だけでなく豚肉が使用されていました!

 

スポンサーリンク

 

実は、この東京ローストビーフバーガーの説明文にあった「ジューシーな100%ビーフ」というのは、このバーガーに使われているビーフパティのことを指していたんですね・・・。

まぁ、確かに日本語的には間違っていませんが・・・かなりずるい気がします。

もしこのバーガーを100%牛肉が使われているローストビーフと思っていた人がいたら、ぜひこの事実を念頭においた上で、注文してくださいねw

 

【関連記事】

【衝撃】ついに発覚!マクドナルドの肉の正体!

【閲覧注意】マクドナルドのハンバーガーを14年間放置!結果は?

【日本未発売】世界のマクドナルドのメニューが凄すぎる!!【画像あり】

 

 

よかったらいいね・シェアお願いします!