3億6千万円のマンション購入の松坂投手、涙目の真相

メジャーなどでも活躍し、現在福岡ソフトバンクホークスに所属している松坂大輔投手。実は3億6千万円のマンションに一人暮らししているそうなんです!


スポンサーリンク



 

3億6千万円のマンションに一人暮らし

2017年3月、晴れて福岡県博多市にある超高級マンションを松坂投手は購入。値段は冒頭にある通り3億6千万円。地元の不動産業者によると、このマンション実は九州で2番目に高いといわれている部屋。広さは158平米もあります。(写真と記事のマンションは別物です)

結果を出すために自分で追い込んだと言えるほどの高い買い物ですよね。実際、松坂投手はソフトバンクホークスと3年間で12億という超大型契約を結んでおり、絶対結果を出したい状態。それに、家族である妻の倫代夫人と子ども3人を養おうと奮起しているはず。しかし、松坂投手の思いとは裏腹に、現在このマンションには松坂投手一人暮らし。

実は、倫世夫人と子供たちは今もボストンで暮らしているんです。

スポンサーリンク



 

倫世夫人の思い

現地の日本人仲間に、倫世夫人はこう話していました。

「ボストンは本当に生活しやすい街。何よりも子供を育てるのに最高の環境で、唯一、日本語ができて優秀な小児科医がいないのが不満だけれど、家族で一生暮らしたい街――」

“松坂大輔 3億6千万円新居購入も「家族は米国」寂しき独居”

つまり、松坂投手(一家)の本拠地はボストンであり、福岡はあくまでも単身赴任であるということです!実際、オフシーズンになると松坂投手がボストンへ向かうんだとか。さらに、倫世夫人の知人からはこんなコメントが。

「子供たちはふだん英語で話していますが、ボストンの自宅内では、“日本語もきちんと話せるように”という倫世夫人の方針で“英語禁止”だそうです。たまに松坂投手がボストンに帰っても、子供たちの英会話はほとんど聞き取れないそうですよ」

“松坂大輔 3億6千万円新居購入も「家族は米国」寂しき独居”

子どもの教育面で考えるのも大事とは思いますが、一家の大黒柱を差し置いてボストン暮らしをする倫世夫人には多少の疑問が残ります。夫である松坂投手がベストパフォーマンスを出すためにも福岡に来る選択肢はあっていいんじゃないかと思ってしまいます。

ネットの反応

松坂投手を応援するコメントが目立ちました。
家族として機能してないやん
・税金対策で買っただけなんじゃ
・がんばる旦那を近くで支えない嫁とかクズすぎだろ 旦那をATMとしか思ってない
松坂が不倫しても全然許せる てかもっと大事にしてくれる彼女見つけてほしい

松坂投手にはぜひ結果を出してほしいですね!

関連記事

【いたずらに神対応】ファミレスで全て1円玉で払ってきた高校生に対し、店員がとった行動とは…

スポンサーリンク



 

よかったらいいね・シェアお願いします!