【感動】マツコが”イケてない人”への優しさ発言。

学生時代に身を持って体験したり、見たことがある「スクールカースト」。これについてコメント力に定評のあるマツコ・デラックスさんが鋭い言及。話題となっています。



スポンサーリンク

”イケてない人”

4月10日に放送されたTOKYO MX系情報番組『5時に夢中!』で、マツコさんは

「(自分は)基本1人だね」
「1人だけど別に誰とも仲悪くはなくて、どのグループにも属さないし、どのグループと話しても適度な温度で交流してた」

と学生時代を振り返りながら語りました。

話す機会となったのは、スクールカーストを扱った朝井リョウ氏の小説『桐島、部活やめるってよ』の書評紹介。その中で、「あなたは学生時代、どのグループに所属していましたか?」というテーマで

「イケてるグループ」「中間グループ」「イケてないグループ」「1人」

の4つの選択肢から視聴者が生放送で投票し、トークをする内容でした。結果としては

「中間グループ」
「1人」
「イケてないグループ」
「イケてるグループ」

の順番に。

投票時にはコメントもつけられるんですが、その中で

同じ学校の「イケてるグループ」が男子校と合コンを繰り返していたため、「イケてないグループ」だった自分まで周囲から“尻軽”のレッテルを貼られて迷惑だった

というコメントがありました。そこで、マツコさんはこう話したのです。

スポンサーリンク

マツコの回答

「たいがい、イケてたグループの人たちって不幸になってることが多いのよね」
「だから、そのときだけで判断しないほうがいいわよ。まだ未来には希望があると思って生きて

という優しいメッセージを投票者へ投げかけました。番組内でもMCのふかわりょうさんは「ものすごい包容力のある優しいコメントでした」と話し、後日SNS上でも

「過去の自分に言ってあげたい」
「これはすごい同感」
マツコの優しい言葉は本当に励みになる

というコメントが多く見られたそうです。確かに人の価値は過去では決まりませんし、人生本当に何が起こるかわかりません。それを経験として持っているマツコさんだからこそ、このメッセージが咄嗟に出せたんでしょうね。

ネットの反応

・まあマツコのようにできる奴は基本的に1番賢くて、実は人気と信頼があり、強いからできる事だけどな
・イケてるグループの奴は大人になって人とは違う生き方をしようとして失敗パターンにハマる
・人生に勝ちも負けもないということだろ

このように、ネットでも話題になっていました。

人の痛みを理解し、言うべきところは惜しみなく言うマツコさん。芸能界で自分の意見をこれでもとか言える人は貴重だと思います。実際には批判の意見もあると思いますが、それを気にせず意見を放つ姿にファンも増えているようです。これからも封鎖したメディアに風穴を開けるきっかけを作ってほしいです。

関連記事

小栗旬の共演したくない俳優とその意外な理由に迫る!!

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!