【動画あり】マライア・キャリー、史上最悪なパフォーマンス

12月31日にニューヨークのタイムズスクエアで開催された毎年恒例の年越しカウントダウンイベントでのマライア・キャリー(46)の史上最悪のパフォーマンスが話題になっています。

悪いのはマライア?スタッフ?

スポンサーリンク

史上最悪のパフォーマンス

マライアは、「Auld Lang Syne」で華やかに登場。

一部口と歌があっておらず、口パクなのは丸分かりであったが、何とか無事終了した。

しかし、2曲目の「Emotions」が始まると、「どうしたの」「聞こえないわ」とつぶやき、うろたえた表情を見せる。

一瞬、歌おうと試みるもすぐにやめてしまい、伴奏とバックコーラスが流れ、後ろでダンサーが踊り続ける中、肝心の歌手が意味なく舞台の上を歩き回るという何とも滑稽な状況になってしまった。

3曲目の「We Belong Together」では、マライアの歌声が流れている中で、ファンにマイクを向けて、「皆が歌って」と言い、やる気のないダンスでその場を取り繕った。

最後は、「もう降参」というようなポーズを見せて、しらけた様子で舞台を去った。

スポンサーリンク

意図的に仕組まれた?

原因は、歌詞を読むためのプロンターが正しく機能しなかったことと音源トラブルだったようで、マライア側は「マライアに恥をかかせ、視聴率を上げるために意図的に仕組まれた」と制作サイドを非難。

「コマーシャルにすればよかったところを、視聴率を稼ぐために放送を続行していた」とも話している。

しかし、制作サイドは、「私たちがアーティストの成功を失敗させるなどと言うことは私たちへの中傷であり、とんでもないこと。バカバカしい」とマライア側の主張を全面否定

どうやらマライアは事前に行う大事な音響チェックを数秒しか参加しておらず、実にプロらしからぬ態度だったと関係者は語っている。

 

ネット上の反応

・自分の歌の歌詞すら覚えていないのか。

・どんな状況でもパフォーマンスをするのがプロだろう。

・ただお金が欲しくて出てきたんだね。

・マライアの口パクは数年前から。

・これでも随分痩せたけど、身体が重すぎて口も動かないの?

・マライアのキャリアはもう終わり。

・ドラッグをいい加減やめたら、もう少し声も出るようになるのでは?

などとマライアに対する批判のコメントが飛び交っている

しかし、ファンの中には、

・歌わなくたって、そこにマライアがいるだけで、最高のカウントダウンだった!

・やっぱりマライアの存在感は凄い!

などとマライアを擁護する声も上がっています。

やはり、せっかくライブを見に行って口パクだとガッカリしますよね。

トラブルがあったにせよ、もう少しいいパフォーマンスを見せてもらいたいです。

しかし、口パクでもマライアがそこにいるだけで最高とまで言わせるのは、マライアのカリスマ性だからこそなのでしょうか?

「口パク年越しライブ」以外にも「婚約破棄」、「激太り」、「ドラック使用疑惑」、「歌声の衰え」など話題に事欠かないマライア。

これからもマライアに注目していきたいです。

関連記事

あのオーランド・ブルームとケイティ・ペリーが紅白を見に来てた!?

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!