【悲報】リポビタンDの現状がヤバかった…もうどうにもならん…

あの国民的栄養ドリンク「リポビタンD」の現状がヤバすぎると話題に。

あんなに人気商品だったのに一体なぜ…?!

スポンサーリンク

リポビタンDが営業不振

リポビタンD

なんともびっくりなニュースが報道されました。

大正製薬ホールディングスの「リポビタンD」が営業不振らしいのです。

1962年発売のリポビタンDの売り上げは、

2001年3月期の797億円をピークに、下る一方となり、

17年3月期は372億円までに減少。

なじみのある商品だけになんだか悲しいですよね。

営業不振の理由としては、「レッドブル」などのエナジードリンクの人気が続いているからだそう。

リポビタンDといえば「ファイトー」と絶叫するCMでお馴染みですよね。

リポビタンDのCM

このCMは77年に始まったのですが、

「汗と筋肉と危機的状況で表現する『がんばり』は時代に合わない」(上原健取締役)という理由で、

昨年9月からユーチューバーらがさわやかに「ファイトー」と口にする形に変更。

17年3月期の全体の売上高は、リポビタンDの不振などもあり前年比3・6%減の2797億円で3年連続の減収だった。

ただ、新CMは好調で、「手応えはある」(取締役)と話しております。

スポンサーリンク

実は世界各国で発売されていた

そんなリポビタンDですが世界各国でも人気があるそう。

リポビタンD(リポビタン・デー、Lipovitan D)は、

現在ではシンガポール・タイ・中国・インドネシア・アメリカ合衆国・イギリス・アラブ首長国連邦など15ヶ国以上の国で販売されているそう。

(効能、容量、成分等が薬品に関する法規制や宗教上の禁忌とされる飲食物などの関係で日本国内販売物と異なる物もある)。

なんだか意外ですよね!日本以外でもあの味が親しまれているってなんだか感慨深いです…、

リポビタンDは2003年度末には販売開始からの累計出荷本数が200億本を突破。

2004年現在年間約8億本が生産され、日本の栄養ドリンク市場において約5割のシェアを獲得するという、

まさに日本の栄養ドリンク業界を代表する商品となっているんです。

それなのに海外から来たエナジードリンク勢に押されているなんて…。

がんばれリポビタンD…!!!

スポンサーリンク

ネットからの声

今までのCMは悪くないよ。味が甘過ぎるからだよ

大容量化・容器変更しとけば良かった
小瓶サイズだとなかなか喉を潤せる飲み物としては買われない

リポDには、炭酸が足りない

病院で夜勤やってる連中はけっこう飲んでるぞ
まぁその病院の自販機で売ってる、って事もあるが

どれも効いてる気がしないけど気分的なもんか?

いまは健康志向だから身体に優しいリポビタンDでも作れば?

会社名が大正製薬だもんな
もう平成も終わるってのにどんだけ遅れてんだよ

レッドブルは缶でゴクゴクいけるから人気あるんだよ。
真似すりゃいいのに。

 

関連記事

日本で1番売れている飲み物はコーラじゃなくて、まさかのアレだった!!

よかったらいいね・シェアお願いします!