くら寿司、自社を誹謗中傷した投稿を訴えたが敗訴www

手頃にお寿司が楽しめる「くら寿司」。そのくら寿司に対して、掲示板に書き込まれたある投稿によって、ある企業と裁判を起こすことになり、まさかの結末が待っていました・・・。


スポンサーリンク
 

問題の投稿

株式情報を扱う某掲示板に、ソネットのプロバイダーを利用しているある人から

「無添という表現はイカサマくさい
「ここは無添くらなどと標榜(ひょうぼう)するが、何が無添なのか書かれていない。揚げ油は何なのか、シリコーンは入っているのか。果糖ブドウ糖は入っているのか。化学調味料なしと言っているだけ。イカサマくさい。本当のところを書けよ。市販の中国産ウナギのタレは必ず果糖ブドウ糖が入っている。自分に都合のよいことしか書かれていない

という投稿が。これを見たくら寿司を運営するくらコーポレーションは「自社の社会的評価を低下させ、株価に影響を与えかねない」と、ソネット側に求めます。これを聞いたソネットも「書き込みは意見・論評に過ぎない上、真実だ」と反発。裁判で決着をつけることとなりました。

スポンサーリンク
 

判決はこうなった

結論から言うと

「書き込みは、くら社の社会的評価を低下させるものではなく、仮に低下させるとしても、書き込みには公益性があるため違法性はない」

として、くらコーポレーションは敗訴。ネットの反応は、

誹謗中傷の内容が正論すぎてワロスw
・プロバイダーなんてこういうときは日和ると思ってたけど、道理があればちゃんと戦うとこもあるんだな
・言ってることがごもっともでわろた
つまり痛い所を突かれた書き込みなのか
・くら寿司の評判を落としただけだなw

くら寿司に対して批判的なコメントが目立つ結果となりました。

なぜくらコーポレーションは敗訴だったのか?

第一に、この投稿によってくら寿司側の違法性を指摘してはいないんです。仮に、シリコーンや果糖ブドウ糖の使用を公表していないとしても、くら寿司の社会的価値は下がらない(社会的に批判されない)んです。

第二に、社会的価値や評価が下がったとしても、

投稿はくら寿司に対する問題提起であり、くら寿司自身の向上に繋がるものである
・HPで化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料(所謂4大添加物)以外は掲載されておらず、書き込みは重要な部分で真実とみなす

とし、違法性はないとみなしました。

無添加で押しているくら寿司、本来であれば原材料などを全て明らかにして応戦するはずですが、今回は特に動くことはないようですね。果たして真相はどうなっているのでしょうか?

関連記事

食べ続けたらマジでやばい!死の危険をもたらす市販の食べ物!

【警告】ペットボトル飲料から発がん性物質発見・・・。驚愕の事実とは?!

スポンサーリンク
 

よかったらいいね・シェアお願いします!