【致命的】子どもの自殺が減らないんだが・・・(´・ω・`)

日本全体の自殺者数は減っている中で、小中高校生では減っていないことがデータで明らかになりました。この痛ましい現実について、私たちは何が出来るのでしょうか?


スポンサーリンク
 

自殺者のデータ

警察庁の統計では、2016年に小中高校生が自殺で亡くなった人数は320人。小学生12人、中学生93人、高校生215人。割合として、3分の2は男子でした。およそ1日に1人が自ら命を絶っていることになります。


自殺者全体として、2003年の3万4427人をピークに減少しており、2016年は2万1897人。その一方で、小中高校生の自殺者は年間300人前後で推移し、350人を超えた年もありました。15~19歳の死因の1位、及び10~14歳の死因の2位が自殺という結果でした。

統計データを参考にしましたが、実は、どんな要因が重なるとリスクが高まるのか、などは国内の統計でわからず、日本では子どもの自殺の実態把握や再発防止の取り組みは不十分と言われています。

いじめが疑われるケースでは、学校や教育委員会に義務づけて真相解明と再発防止のための調査がされていますが、その調査結果はあまり共有されていないんです。これは子どもの自殺者が減らないデータの裏づけとなる根拠のひとつになりそうですね。

逆に、海外ではどうなんでしょうか?日本とは逆に、国の主導で子どもの自殺の背景を分析し、予防につなげる動きがあるんです。例えばイギリス。2016年に国の委託を受けた研究チームが、心の問題があって自殺した10代のケースを分析。その結果「54%に自傷行為の経験あり」「27%は亡くなる前1週間以内に自殺について周囲に話していた」という傾向を踏まえ、予防策を5月に発表するそうです。

スポンサーリンク
 

学校の実態とは

「子どもの自殺は、いじめや友人関係といった学校に関わる要因のほか、家庭や、精神疾患など複数の要因からリスクの高い状態となり、そのうえで何らかのことが引き金になって起きる。いじめは深刻な問題だが、いじめ予防だけでは不十分だ」

と自殺予防に詳しい筑波大学の高橋祥友教授はこう話します。

また、

10代の自殺は動機がわからないことが多い。実態がわからないことを出発点として、そこから対策を考えていくべきだ」

と、子どもの自殺を分析している東京都監察医務院の福永院長は話しました。現場の声も聞きました。とある公立中学校の教師は

「原因が何であろうと子どもの命が大切なことに違いはない。すべてを予防するべきだ」

と感じているそうです。というのも、女子生徒が自殺未遂した際、教育委員会が原因を問い合わせてきましたが、いじめでないとわかった途端に学校と保護者任せになった経緯があったそうです。

ネットの反応

何がやばいって日本全体の自殺率が以上なんだよね。子どもに限った話じゃない。
・悔しいのは死んでも腹たつ相手には何もダメージない事だ。生きろ。
子供が自殺する社会なんて最低だよな。
・歳を経れば経るほど選択肢は増えてくるけど子供時代は学校一択で転職とかないからかえって厳しいかもな
・大体一日一人か・・ホント終わってるな(´・ω・`)

子どもが自殺するのは悔しいもの。日本の未来のため、私たちの未来のためにも全力で動く必要がありますね。

関連記事

千葉県中1女子が電車に飛び込み自殺する瞬間がヤバい…
【衝撃】上原美優の自殺に業界が震撼する2つの影が・・・

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!