【悲報】駅前から喫煙所を撤去してみた結果が・・・

駅前にある喫煙所を撤去した所、結果が酷いことになっていると話題になっています。

 
 
 
 
 
 

スポンサーリンク
 

撤去してみた結果がこちら

新宿駅

渋谷駅

 

これは酷いですね・・・。

最近ではポイ捨て、歩きタバコの条例なども厳しくなり街でタバコの吸殻を見かける機会も減った気がしていたのですが・・・
まるで昭和の時代のような光景ですね。

喫煙者はこれまでそこに喫煙所があったことは知っていますから「喫煙所が無くなってる!」→「じゃあここで吸うのは止めよう」ではなく、「喫煙所が無くなってる!」→「まあいいやここで吸っちゃえ」という思考になるのでしょうね。

なぜ喫煙所は撤去されたの?

喫煙所が撤去された後ですがトイレが建設される予定のようです。

オリンピック開催に伴い増加が予想される観光客への対応としてトイレを建設。
また喫煙所も無くしてしまえば街全体もクリーンになって一挙両得!というわけなんでしょうね。

しかし結果はまったく逆に自体に・・・
というかこうなるの予想出来たような気がしますが・・・

今後もここで吸い続ける人はいるでしょうからどういう対応を取るのでしょうか。
このまま対応が無いと以前より状況悪くなっていますからね。

 

スポンサーリンク
 

喫煙者は年々肩身が狭くなっていく・・・

日本でも一昔前は成人男性であればタバコを吸っているのが当たり前の風潮でしたがここ最近の禁煙ブームによって近頃は吸っている人の方が少数派となりました。

実際JTの全国喫煙者率調査によると、2016年の成人男性の平均喫煙率は29.7%。

これは昭和40年以降のピーク時昭和41年の83.7%と比較して3分の1近く喫煙率が減っています

引用:http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd090000.html

 

近頃の禁煙ブームの背景として、健康志向の高まりがあると言えるでしょう。

喫煙によるガンのリスクなどは広く知られており「わざわざお金払ってまで不健康になりたくない」と考える人が増えてきたのではないでしょうか。

実際喫煙率の低下とは逆に、健康食品・サプリメントの市場規模は年々拡大を続けています。
また長引く不景気によって、タバコを購入するためのお金が単純にもったいない、負担になるので吸うのを止めた、というケースも多いと思われます。

お給料は横ばい、もしくは下がっていっているのにタバコの値段はどんどん上がっていくのだから止める人が増えてくるのも当然だと言えます。

ネットの反応

撤去した後、暫く警察配備したらええやん

もう喫煙街作ってそこに閉じ込めろよ

屋外全面禁煙でええやん
見つけ次第罰金。

こないだ東京行ったがタバコ吸うとこ無さすぎるやろ、そらこうなるわ

最初は誰だって灰皿が無い所で吸うのは戸惑う
だけど誰かが吸い始めたらここで吸ってええんやなって感じになって、皆吸い始める

これ逆に昭和時代に戻っただけじゃね
そのうち山手線で吸い出すんちゃう

オリンピックまでに解決出来んやろ

年々肩身が狭くなる喫煙者ですがネットのコメントにもあるように将来的に屋外全面禁止となる可能性もゼロではなさそうですね。

値段もますます上がっていくでしょうから誰でも気軽に吸うようなものではなく、限られた一部の人だけが吸う嗜好品のようなものに存在意義が変わっていくのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

よかったらいいね・シェアお願いします!