木村拓哉がSMAP解散を阻止したかった本当の理由!確かにこれは納得だわ・・・

SMAP独立をただ一人蹴って、「裏切り者」となった木村拓哉

解散を阻止したかった本当の理由が超衝撃的!

確かにこれは納得だわ・・・

スポンサーリンク

裏切り者の木村拓哉

昨年、解散して日本中に衝撃を与えたSMAP

SMAPメンバーがマネージャーのIさんと共にジャニーズ事務所を独立しようとした時、ただ一人それを蹴ったのが木村拓哉でした。

これによってSMAP独立も立ち消えとなり、木村拓哉は「裏切り者」「戦犯」とバッシングされ、今回の最悪な結果に結びついたのです。

しかし、木村拓哉には、独立できない事情がありました。

「独立を自分が蹴ればSMAPの他のメンバーから裏切り者扱いされるのは木村本人も分かっていたはずです。

もちろん、この事実が表に出ることは予想外だったでしょうが、それにしても木村本人もリスク覚悟の上で独立話を断った。

その裏にはメリー副社長の存在やジャニーズ事務所幹部の影響などがあると取りざたされていますが、実はもう一つの事情があるのです」

(芸能事務所関係者)

「メリー副社長にそそのかされた」「妻である工藤静香の助言があった」など、さまざまな記事が出ているが、まだ表には出ていないもう一つの事情とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

木村拓哉がSMAP解散を阻止したかった本当の理由

「彼は、自分の芸能人としての価値に自身が持てなかったんです。

木村は、ドラマでも視聴率30%を超える作品を連発した過去があり、大人気芸能人として君臨してきましたが、彼自身はそれが自分の才能によるものとは考えていませんでした。

あくまで、ジャニーズ事務所に所属し、SMAPという肩書きがあったからこそできたことだと自覚していたんです」

(芸能事務所関係者)

確かにジャニーズ事務所やSMAPの存在は大きいが、それを木村拓哉自身が冷静にとらえていたのは驚きです。

あれだけ長年活躍していても調子に乗らず、自分の力ではないと言えるのは凄いですね。

SMAPの中でも何でもできて、自信満々なイメージがあったので、プライベートではもっと高飛車なのかと思っていました。

「別に彼の肩を持ちたいわけじゃありませんが、彼は冷静に状況を俯瞰でき、自分のことを客観視できる人間です。

事務所を出てジャニーズやSMAPの看板がなくなり、ひとりのタレントになった時、仕事をコンスタントに貰うだけの実力はないと自分で判断した。

だからこそ独立を断ったんです」

(芸能事務所関係者)

ジャニーズやSMAPの看板で仕事をしていたのは他のメンバーも同様なはずです。

いったい木村拓哉と他の4人は何が違うのでしょうか。

木村拓哉と他のメンバーの違い

「例えば、中居正広はMC業で絶対的な信頼を得ています。

それに香取慎吾はバラエティ番組で自分の役割をそつなくこなし、今後も仕事には困らないはずです。

さらに草彅剛はドラマや映画で評価を得ていますし、

稲垣吾郎は誰も真似できない独自の路線を貫き、仕事は少ないながらも個を確立させています。

木村は、それぞれのメンバーの強みを知っていて、その上で自分には何もないと分かっているんです。

かといって所帯を持つ身として家族を養う必要がある木村は、他のメンバーのように自由に生きていくこともできなかった。

そのため、事務所やSMAPの看板を失うことは避けたかったわけです」

(芸能事務所関係者)

他の4人のメンバーはそれぞれ強みがあり、独立後もビジョンが見えるが、木村はジャニーズ事務所やSMAPの看板がなくなれば何もなく、それでは家族の生活レベルを下げることになると認識していたようです。

実際にこのようなデータもあります。

SMAPの中でも1番目立っているイメージがあったので、このデータには驚きです・・・

SMAP解散時の中居正広の涙が印象的でしたが、SMAPがなくなって1番悲しんでいるのは木村拓哉なのかもしれません。

このような結果が待っていたならば、内心は独立した方が良かったと後悔しているのではないでしょうか。

関連記事

【悲報】SMAP解散後、元メンバーの現状格差がひどすぎる…

木村拓哉、嫌われすぎで海外へ逃亡か!?

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!