キムタクが追い込まれて撮影現場がピリピリムードに…。その理由がヤバい…。

木村

元SMAPの木村拓哉さん(44)が主演する映画の撮影現場の雰囲気が最悪らしい。

 

キムタクをここまで追い込んだ理由がこちら。

 

 

スポンサーリンク

現場の空気が最悪

キムタク

元SMAPの木村拓哉さん(44)が主演する映画「検察側の罪人」(来春公開予定)の撮影現場ピリピリムードで最悪らしいです。

この映画ではなんと嵐の二宮和也さん(34)も出演。

夢の共演ということで早くも話題になっていますが、どうも現場ではスンナリといっていない様子。

 

関係者はこのように語っております。

「映画でキムタクは、二宮演じる熱血漢の若手検事と対立するダーティーなエリート検事役を演じる。

主演と持ち上げられていますが、見方を変えれば“2番手”で損な役回りなんです。そのためなのか、撮影現場では眉間にしわを寄せ、はた目からでも不機嫌になっているのが分かる。

撮影スタッフでさえ、よほどのことがない限り話しかけられない。これでは共演者とのコミュニケーションも図れず、現場の雰囲気は最悪になっている」

 

木村さんはドラマや映画の撮影現場では、誰に対してもフレンドリーで知られ、笑顔を絶やさないといわれているので、
こんなに最悪な雰囲気になっているなんでかなりビックリですね。

木村さんがここまで追い込まれるのには理由があるといいます。

スポンサーリンク

 

キムタクがピリピリしている理由は他にも

二宮

キムタクが追い込まれている理由にはほかにもあるそう。

それは絶対に映画をヒットさせなければならないという十字架だと関係者は語ります。

 

「一部メディアが、映画を『木村と二宮のダブル主演』と報じてしまい、ジャニーズ事務所がクレームを入れたんです。

あくまで『主演は木村。ダブル主演ではない』と。それ以来、メディアは木村主演という表記になり、二宮は共演者という扱いになった。

あらためて“キムタク主演”と強調されたことで、全ての責任は木村に一任されたことになったのです

 

確かに映画「無限の住人」は大コケしてしまいましたね。
あの失敗した経験がずっと頭に染みついているのかもしれませんね。

さらに、キムタクを苛立たせているのが二宮さんとの関係。
関係者はこのように語っております。

「実は今回の映画に二宮がキャスティングされた背景には、キムタクの人気凋落と映画『無限の住人』の失敗を、ジャニーズ事務所が懸念したことにあるらしいのです。

当然、この話はキムタク本人の耳にも入っている。面白いわけがありません

スポンサーリンク

後輩に尻ぬぐいしてもらうような図式がキムタクにとっては許せないのでしょう。

果たしてどんな映画になるのでしょうか。

【公式LINE@】MediaGrooveの更新情報をいち早くお届け!
LINE@では、バズったりトレンドになっているネタがあれば、その情報をいち早くお知らせしています!
誰よりも先にトレンドネタを仕入れたい方、ぜひご登録ください♪
友だち追加

よかったらいいね・シェアお願いします!