【朗報?!】新たな大型連休「キッズウィーク」とは

アイキャッチ_子ども

なかなか休みが取れない日本ですが、この度新しい連休プランが発表されました。

その名も”キッズウィーク”。

気になる内容はコチラ。


スポンサーリンク
 

”キッズウィーク”の内容とは

子どもだけでなく、仕事をする上で休日を把握することは社会人として必要ということで、この連休について解説。

休日自体が増えるのではなく、夏休みや冬休みの長期連休を分散させるというもの。

なるほど、一転集中を避けることで渋滞関係も避けつつ、出来るだけ人やお金の流動をなだらかにする感じですね。

目標ある子ども

平日休みをまとめて取って、お得な連休も取れるかもしれません。

これは学生の間だけでなく、社会人でも取れるよう、政府から企業に要請がかかるようです。(ただし、取れるとは言っていない!ww)

浸透するのに時間はかかりそうですが、より自由に休みがとれるような企業体制にしてくれると嬉しいですね!

スポンサーリンク
 

ネットの反応

・キッズウィークって何…ほんとにこんなこと出来るのかな…てか先生達大変じゃないの…?
学校が授業のカリキュラム組むのほんと大変になりそうね
・テスト期間を全て休みに当てる生徒多そうで草

休む子ども
・プレミアムフライデーも効果発揮してないのに、新しく休みの制度追加されても対応できなくね?
サービス業の人いつ休めるんだよこれ…。キッズウィーク使えばいいの?ww
・プレミアムフライデーと同様に、ホワイトな上場企業だけ有効活用出来るんだろうな

日本の休日に関して

皆さん大好きな休日に関して、簡単なデータをまとめました。

日本の休日

祝日を全て把握している人は意外と少ないため、列挙してみます。

スポンサーリンク
 

元旦(1/1)、成人の日(1月第2月曜日)、建国記念日(2/11)、春分の日(春分日)、昭和の日(4/29)、憲法記念日(5/3)、みどりの日(5/4)、こどもの日(5/5)、海の日(7月第3月曜日)、山の日(8/11)、敬老の日(9月第3月曜日)、秋分の日(秋分日)、体育の日(10月第2月曜日)、文化の日(11/3)、勤労感謝の日(11/23)、天皇誕生日(12/23)

ということで、祝日は15日あり、意外と多いんです。

ただし、サービス業の人や不定休の人、シフト制の人もいるほか、休日出勤もあるので一概には言えませんが…。

日本の有給消化率

有給消化率は先進国ではワースト1の39%、さらに、有給を一度も消化していない率が最も高いのも日本でした。

日本人、ひょっとして働きすぎ…?

うわっ、私の年収低すぎ…?

関連記事

【社会人へ朗報】即効性あるストレスの減らし方7選

よかったらいいね・シェアお願いします!