専門家も大興奮!冥王星にて「巨大カタツムリ」が発見される!!

なんと冥王星に巨大カタツムリが確認されました。

そのカタツムリが這った跡も残っている様子。

その驚くべき内容とは?!

 

スポンサーリンク

冥王星の「巨大宇宙カタツムリ」

なんと冥王星で「巨大カタツムリ」が発見されたようです。

英紙「Express」によると、NASAが打ち上げた探査機「ニュー・ホライズンズ」に搭載された、モノクロ望遠カメラ「LORRI(Long Range Reconnaissance Imager)」が、

複雑な氷の模様を持つ冥王星のスプートニク平原を撮影した衛星画像の中に、「巨大カタツムリ」、あるいは「巨大ナメクジ」らしき奇怪な物体が写り込んでいたことが分かったそうです。

その写真がこちら。

カタツムリ

カタツムリというよりはナメクジにも見えますね!!

確かにゆっくりと地面を這ったかのような跡も見られます。

頭には触覚のようなものも見え、ますます生物っぽさを醸しだしています。
「Express」が公開しているような異形の巨大生物が、冥王星を闊歩しているというのでしょうか……。

地球外生命体発見への期待が高まりますね…!!

世界最大級のUFO研究団体「MUFON(相互UFOネットワーク)」で画像解析のチーフアナリストを務めるマーク・ダントニオ氏も、今回の発見に興奮している様子。

「これらのイメージの中にはカタツムリに似た物体も写っています。背中の殻のようなものや頭のようなものまで見えますね。これは実に奇妙です」と語りました。

スポンサーリンク

NASAはカタツムリ説を否定

カタツムリ
こんなカタツムリが冥王星にいるなんてびっくりですよね!

しかし、NASAはこの「カタツムリ説」を真っ向から否定しております。

カタツムリのように見えるのは、「汚れた水でできた氷」だそうです。

NASAの説明によると、より比重の小さい鉄が水銀に浮くのと同じように、凍った水は凍った窒素よりも密度が小さいため、このような巨大な氷が窒素の上を浮遊しているのだそうです。

そういわれればカタツムリっぽくないような気も…??

しかし、ネット上の声では、

「何か奇妙なことが起こっている」
「これは100%間違いなく宇宙カタツムリだ!」
「NASAの研究者はこれを“氷”だと信じているらしい。もうNASAに金をやるのはやめた方がいい」

と、納得していない様子www

スポンサーリンク

いずれにしろ、宇宙に生息する生命体への期待は高まるばかりですよね!

ぜひこれが氷ではなくて、カタツムリだと信じたいものです。

皆さんはどう思われますか。

よかったらいいね・シェアお願いします!