イッテQ“ウズベキスタンの桜”と、イモトの大健闘に感動!

ウズベキスタン桜

体当たり企画が多く、人気の『イッテQ』

イモトがウズベキスタンでサーカスに挑戦。

そのウズベキスタンの美しい桜には、美しい話が隠されていた…

 

 

スポンサーリンク

 

サーカス挑戦、イモトに感動

イッテQ

<出典:NEWSまとめもりー>

イッテQで恒例になっている、イモトの体当たり企画。

今回、ウズベキスタンの桜の言い伝えを紹介する際に、

イモとがサーカスに挑戦したハイライトを放送。

 

ウズベキスタンの国家観光発展委員会議長から直々にオファーを受けて実現した、この企画。

 

当初は、2日間の練習時間がスケジュールでは確保されていましたが、

国営テレビへの出演がや、手厚い接待を受けww

最終的にイモトに与えられた時間はわずか6時間!!

 

その6時間で懸命に習得しようとするイモト。

命綱なし、ネットもない地上約8メートルで行う大技に悪戦苦闘…

 

が、さすがのイモト、

一切補助のないソロパートを含め、

1ステージを演じきり感動の放送となりました!

 

MCの内村からは、

「イモトとみやぞんで世界中のサーカスに回れるよ!」

と大絶賛!

 

 

そこで紹介された、

ウズベキスタンについて。

大きく取り上げられた、

ウズベキスタンの桜の言い伝えについて、

ネットでは感動の嵐となっています。

 

 

スポンサーリンク

 

『せめて桜を見せたかった』

ウズベキスタン 日本人墓

<出典:トレンドたまご>

ウズベキスタン・タシケントの桜。

日本の春と同じように、桜が綺麗に咲きとても有名な場所です。

 

でも、なぜウズベキスタンに日本の桜が???

 

それには、こんな物語がありました。

第二次世界大戦の終戦後、ウズベキスタンに連行された日本人捕虜のうち500名に、

中央アジアで一番格式が高い、『ナヴォイオペラ劇場』の建設が命じられます。

捕虜となった日本人は、ほとんどが手作業であったにも関わらず、

細かな装飾・彫刻・壮麗な内装まで一切手を抜かず、わずか2年で完成させました。

 

また、そのナヴォイオペラ劇場は、

1966年に発生したタシケント大地震にも耐え、他の建物は瓦礫の山となった中で唯一無事。

現地で避難所として活用され、多くの人々の命を救いました。

 

祖国に帰る事が叶わず、この地で生涯を終えた日本人に

「せめて桜を見せてあげたい」

と、日本人墓地はもちろん、街中に1,000本以上のソメイヨシノが植えられたのだといいます。

 

この言い伝えはウズベキスタンの人々にも言い伝えられており、

今でも日本が好きな国民が多い親日国だという事でした。

 

 

この放送回に、ネットでは感動の嵐!

 

 

スポンサーリンク

ネットからの声

“確か建築に携わった人を讃えるプレートがあって、

設置を決めた国の偉い人が

「絶対に捕虜と書くな!」と厳命したらしい。”

 

“イッテQ、ウズベキスタンの桜の話はじめて知った…感動してしまった…行ってみたいなぁ”

 

“日本とウズベキスタン、桜が絆となってるんやな。”

 

私達が知らない、先祖の日本人たちが作ってくれた素晴らしい絆が、

世界中にまだまだあるのかもしれませんね。

ウズベキスタンの桜も、

一生に一度でいいから見てみたいものです。

【公式LINE@】MediaGrooveの更新情報をいち早くお届け!
LINE@では、バズったりトレンドになっているネタがあれば、その情報をいち早くお知らせしています!
誰よりも先にトレンドネタを仕入れたい方、ぜひご登録ください♪
友だち追加