安倍総理に対する、マスコミの卑怯な印象操作の全貌が明らかに…

安倍総理

なんと安倍総理に対するマスコミの印象操作を

ドラクエの作曲家・すぎやま氏が指摘。

ひどすぎるその内容がこちら。

 

 

スポンサーリンク

 

マスコミの印象操作の恐怖

安倍総理の発言を部分的に切り取って、視聴者に悪い印象を与えたりしていたマスコミの全貌が明らかに。

今回、ドラゴンクエストの作曲家として有名なすぎやまこういち氏がその卑劣な印象操作について語りました。

■低音域を加工

すぎやま氏は「安倍晋三さんのスピーチのときだけ中音部以下のやや低音域にちょっとイコライザーをかけつつエコーをつけて、
リバーブをつけてモヤモヤっと聞こえにくくしている。僕は見てて商売柄『やってるな!』と思いました。」と語りました。

これは作曲者ならではの視点ですね。「音楽の録音の作業をプロでやってますから、もうはっきりそれは分かりました」と語るすぎやま氏。

私たちは普段から、このような気づかないところでマスコミによって印象操作をされていたようです。

※イコライザーは周波数を変更する装置。 リバーブは残響音を出すこと

 

スポンサーリンク

 

■NHKが映像を黒く変えて病気説を浮上させる。

印象

印象

このように安倍総理の顔色をドス黒く編集し、病気説を煽るマスコミ。

知らないで見ていると、確かに病的な雰囲気に好印象は抱けませんね。

 

■安倍総理の発言を180度捻じ曲げる

安倍総理

批判が殺到し炎上状態になってから訂正するも「こんな」を抜かしており、まだミスリードを招こうという魂胆が透けて見えます。

これはひどすぎです。こんな意図的なミスを後から訂正してマスコミの印象が悪くなることがわからないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

■加計学園問題では過半数のメディアが加戸前知事の最重要証言をきちんと取り上げなかった

問題

これらの前科を振り返れば音声加工で印象操作をしているという説も信憑性があると考えることができます。

この他にもテレビ局はサブリミナル効果を狙って画像を一瞬だけ差し込む手法に手を染めていたこともあり、視聴者を都合のいいように操ってやろうという悪意が見え見えだといいます。

 

いかがでしたでしょうか。マスコミによる数々の卑怯な印象操作。

こんなのにまんまと引っかかってはいけないですね。

 

ネットからの声

以前から健康不安説が出てるときは色加工して顔色が青くなるなるようにしてたよ
TBSだけどね

またかよ
最近記者が小銭稼ぎし過ぎじゃね?

今も昔もマスコミは偏向しとるわ
むしろ偏向してたからこそ今まで安倍政権は支持率高かったんだろ
今は安倍叩きした方が商売になるから批判一色になっただけだ
叩かれだした途端に、泣き事や言い訳ばかりしてみっともない連中だな

左寄りのすぎやまからもこんな意見出てくるくらい今のマスコミの偏向ぶりは酷い

よかったらいいね・シェアお願いします!