【悲報】今井絵理子の不倫相手、実は婚姻関係は破綻していなかった…。

今井

今井絵理子・参議院議員(33)との不倫を報じられた橋本健・神戸市議会議員。

実は結婚生活は破綻していなかったそうです。

その驚くべき内容とは?!

 

スポンサーリンク

婚姻関係は破綻は『真っ赤なウソ』

今井

今井絵理子議員との不倫を報じられ、その名が知られることになった橋本健・神戸市議会議員。「

今回の不倫騒動について橋本氏が行った「釈明」は以下の通り。

 

『自分の婚姻関係は4~5年前から破綻している
『既に破綻している婚姻関係は自由恋愛を妨げないと認識した』

 

しかし、その“婚姻関係は破綻していた”というストーリーを「まったくの嘘」らしいでのです。

そう語るのは橋本氏の妻の近しい知人。

 

その方によると、以前より橋本氏は外泊を繰り返していたものの、妻と子の待つ自宅には時折帰っており、別居状態でもなければ離婚の合意もない状態にあったそう。

このような状況から不倫報道され、奥様もかなり驚いた様子だったそうです。

これはかなりショックですよね…。言い訳にもほどがあります。

それどころか、橋本氏は報道前に驚くべき行動をとっていました。

 

スポンサーリンク

 

報道前日に離婚の申し出をしていた

橋本

橋本氏は去年の8月になって、突然、奥様に離婚の申し出をしたそうです。

そして、9月になると、いきなり近くにマンションを借り、家を出ていってしまったそう。

昨年8月9月といえば、橋本氏が今井議員と出会って4カ月目、今井議員が当選した参院選の直後に当たります。

これにつづいて今年3月に離婚調停を申し立てた橋本氏でしたが、「週刊新潮」が発売される前日の7月26日になり、突如妻に“会いたい”と連絡をしたそう。

知人はこう語りました。

 

「代わって弁護士が会うと、何と言ったと思いますか? “離婚届に判を押してくれ”ですよ。そんなことは出来ない、と弁護士は席を立ったんです」

 

記事が出る前日に離婚を成立させ、不倫ではないと強弁し、虚偽の「婚姻破綻ストーリー」を補強しようとしたのだろうと言われております。

これは最低ですね。こんな事実があるとますます「一線は越えたでしょ…」と誰もが突っ込みたくなると思います…。

報道があってかなり焦ったのでしょうね。

奥様の気持ちは微塵も考えずに、今井議員の保身だけを考えていたようです。

 

スポンサーリンク

 

今まで支えてきてくれたであろう奥様を簡単に切り捨て、

不倫相手を守る男性。これは世の中の女性から総叩きにあってもおかしくないと思います…。

というか、こんな男性で今井議員もいいんですかね…複雑なところです。

よかったらいいね・シェアお願いします!