「人間アレルギー」の女性!?愛する夫に触れる事もできないなんて・・・

世界には様々なアレルギーに悩まされている人がいます。

その中でも珍しい「人間アレルギー」の女性がいるのです。

夫にも触れられないなんて・・・

スポンサーリンク

「人間アレルギー」の女性

アメリカ・ミネソタ州のジョハンナ・ワトキンズさん(29)は、世にも珍しい「人間アレルギー」です。

ジョハンナさんは、普段の生活について悲しそうにこう語ります。

「日常生活もままならないの。ありとあらゆるモノ、人に対して激しいアレルギー症状を起こしてしまうから。1年前からは夫は1階、私は2階と寝室も別よ。」

アレルギーを示す食べ物も非常に多く、化学物質やホコリはもちろんダメです。

ちょっとした微粒子にも反応してしまうため居室はビニールやシートで覆われ、風や空気の流れが起きないようにされています。

太陽の光にも注意が必要だそうです。

これは大変ですね・・・

人間だけでなく、かなり沢山の物にアレルギー反応を起こしてしまうようです。

スポンサーリンク

愛する夫にすら触れられない

そんなジョハンナさんを献身的に支えているのは教師の夫スコットさん

彼が作ってあげた安全な空間でジョハンナさんは読書、作詩、友人らとの電話、メールのやりとりを楽しんで日々を過ごしています。

しかし、彼女は人の放つ匂いにもアレルギー反応を示してしまうため、唯一アレルギー反応を起こさない実の兄と妹以外は入室が許されていません。

夫のスコットさんはこう嘆きます。

愛していても妻を抱きしめてあげられません。発作を起こすのではないかと思うと抱擁できないのです。」

ジョハンナさんの唯一の外出は通院です。

マスクとフードで重装備してスコットさんに抱きかかえられながら車に乗って出かけるが、場所が変わるたびにジョハンナさんは不安に包まれます。

「喉がギュッと詰まるなど体は即座に反応するわ。もう完全な攻撃モードに入ったことを感じるし、自宅に戻れば玄関ドアが開いた途端に体の中で戦争が起きてしまう。どっと疲れてしまうの。」

と力なく語ります。

患者の大半が女性の謎の病気

ジョハンナさんの奇妙な病状には、30名の医師が首を傾げたが、ミネソタ大学医学部のローレンス・アフリン博士患者の大半が女性「マスト細胞活性化症候群(MCAS)」という病名を告げました。

細菌、ウイルス、寄生虫から体を保護する自然免疫細胞のマスト細胞(肥満細胞)が体に大量のヒスタミンなどを放出して次々とアレルギー症状を起こすものだが、研究が始まってまだ9年しか経っておらず、線維筋痛症、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群と診断されることも多く、治療法も見つかっていないそうです。

日常生活が大変どころか、愛する夫にも触れられないなんて悲しい病気ですね・・・

早く研究が進み、ジョハンナさんの病気を治す方法を見つけてほしいです!

関連記事

医師の誤診率14%?!重病が誤診された結果もやばい・・・

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!