【警告】着ている方は気をつけて!ヒートテックは実はとっても危険!?

ヒートテック

寒くなってくると皆さんがこぞって着始めるヒートテック。

しかしヒートテックは実は危険な面も持ち合わせているそうです。

その驚きの内容がこちら。

 

 

スポンサーリンク

そもそもヒートテックってどんな構造?

<出典 みんなのニュース

冬場になるとほとんどの方がヒートテック素材を使った素材の服に袖を通しているのではないかと思います。

ユニクロで有名ですが、ヒートテックは東レが独自に開発した技術。

仕組みとしては、ヒートテック素材が、身体から出る汗が蒸発するときにヒートテック素材のレーヨン素材にぶつかってそのときに発熱するような仕組みとなっています。

 

さらに、外側のマイクロアクリル層では熱を逃さない仕組みになっており、発熱と保温を行なっているので、ヒートテック素材を使ったものは着ると温かいと感じるようになっているそうです。

 

服の中でこんなことが起きていたんですね。
開発していただいた方には本当に感謝しかありません。

 

ただ、こんなにいい商品に見えるヒートテックにも
実は隠された危険性が存在するとのことです!

 

一体どんな危険性なのでしょうか??

 

スポンサーリンク

ヒートテック素材の危険性とは…!

ヒートテック

冬場に着るのに持って来いの
ヒートテック素材の危険性とはなんでしょう?

 

何でも、2つの危険性があるようです。

1)肌が乾燥しやすくなってしまう

レーヨン素材は吸水性が高すぎるため、肌が乾燥しがちになるとのことです。

もし、着用時に乾燥肌で痒くなってくることがあるのであれば一度、着用をやめてみましょう。

さらに、ヒートテックはほとんど化学素材で出来ているため肌の弱い方は、化学繊維でかぶれてしまったり
湿疹なんてことも起こっているようです!

さらに危険ですので、気をつけましょう。

 

2)逆に体温が下がってしまう

もう1つ考えられる危険性がレーヨン素材の吸水性が高すぎるが為に、大量に汗を書いてしまった場合です。

服の中が飽和状態となってしまい、乾くのが遅く水分が外気温によって冷えてしまい、体温を奪ってしまうとのことです。

体を温めるはずのヒートテックが逆に温度を下げてしまうなんて
驚きですね!

 

知らないと危険がありますね。

なんでも、スポーツ選手や登山家の方は
ヒートテックを着ることがないそうです。

プロの方々はきちんと危険性について理解しているようです。

また、一般の方でも、外気が低すぎるところのしようや
汗のかきすぎには注意が必要なようですね。
皆さんの危険性をしっかり理解して

冬を乗り越えましょう!

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

ヒートテックの危険性どころか、仕組みも知らずに着てたなー。

危険かもしれないけど、冬の必需品だから今年も着る。

ちょうど昨日ヒートテック買ったところww

冬は毎年、全身ヒートテックに覆われてる。。。

よかったらいいね・シェアお願いします!