「引きこもり支援業者」が実態が思った以上に闇だった・・・

社会のストレスや理不尽な出来事に失望し、昨今は引きこもり人口が以前と比べて多くなった傾向があります。そんな引きこもりを解決する「引きこもり支援業者」に、闇があったんです・・・。


スポンサーリンク
 

「引きこもり支援業者」の実態

引きこもり支援は具体的な活動名目が難しいですが、そこに漬け込み、実体のない活動名目で高額な料金を請求する悪質な業者がいるようなんです。

ある関東在住の20歳女性は引きこもりではないものの、家族間トラブルがあったために引きこもり支援業者に依頼。3か月分でおよそ570万円でしたが、支援は行われなかったといいます。さらに、依頼者女性が自宅から無理やり連れ出され、暴力や脅しで軟禁状態に置かれたともいうのです。この業者の行為に、慰謝料1700万円を求めるよう東京地裁に裁判を起こしています。もちろん国でも引きこもり支援を行っていますが、その手が限られており、民間業者がこれに乗り出した中で悪徳業者も目立ってきたようです。

スポンサーリンク
 

実は中年引きこもりが・・・

引きこもりは20代、30代だけではなく、40代でもありえることなんです。しかも、島根県では40代の引きこもりが地域の中でトップの年代であることを調査で明らかにしたんです。ちなみに、調査で引きこもりに該当すると定義したのは下記の3つです。

・仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6ヵ月以上続けて自宅にひきこもっている状態の方
・仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流はないが、時々買い物などで外出することがある方
・無業者や非行など、民生委員・児童委員の皆様からみて心配な方、また、家族等から支援などについて相談があった方

さらに、引きこもっている期間については、「10年以上」が最も多い34%を占めています。引きこもりは長期化する傾向が顕著に現れていますね。さらに、外部からのプレッシャーという意味から引きこもりは男性の比率が多く、引きこもりは家族からの申告がないとわからないことから、まだまだ正確な数や現状は把握できていないことも問題です。

ネットの反応

・色んな詐欺があるんだな(遠い目)
・子供は引きこもりでおまけに詐欺にもあい可哀想な親だな
・3ヶ月で570万円も業者に払うぐらいなら、その金を引き篭もってる息子にやった方が脱引き篭もりに成功したんじゃないのか
・新作ゲームのテストプレイでもさせてたほうがいいんじゃないの
・支援とか言ってるが、おそらく監禁している間はカネを要求し続けるんだろ 実質的に人質と同じ

スポンサーリンク
 

よかったらいいね・シェアお願いします!