【親子必見】林修先生がやる気のない生徒に放った言葉が胸に刺さる…

林修

「今でしょ!」でお馴染みの林修先生が、

勉強をすることにやる気のない生徒に放った言葉が最高すぎると話題です。

その内容とは…。

スポンサーリンク

「今でしょ!」でお馴染みの林修先生とは?!

林修

2013年には流行語大賞にも選ばれたフレーズ「いつやるか?今でしょ!」。

この発言は東進ハイスクールの現代文講師で、東進のCMで林修(ハヤシオサム)先生がしたもの。

2013年からはタレントとしても活動し、予備校講師をやる傍ら、

テレビ朝日で放送されている『林修の今でしょ!講座』や、

TBS系列で放送されている『林先生が驚く初耳学』など数々のレギュラー番組にも出演しています。

幅広い知識と巧みなトーク力で、現在お茶の間で大人気。

そんな林修先生が「勉強に対してやる気のない子」に放った言葉が、

胸にぐさりと刺さると話題になっております。

その内容とは…。

スポンサーリンク

「嫌ならやめなさい」とバッサリ

その発言は『林先生が驚く初耳学』の中のものでした。

番組内で、「生徒のモチベーションを上げるために工夫していることはなんですか」と質問された林修先生。

これは先生のみならず、子供を持つ親だったらかなり知りたい内容ですよね。

その質問に対して林先生はこう答えました。

「嫌なら辞めなさい。」

けっこうバッサリ切ってしまいました。

親や学校ならまだしも、商売でやっている予備校でこんな言葉はヤバいのでは?

どうしてこんなにもあっさり突き放すような言葉を言うのでしょうか。

その理由を林先生は、

「これだけ経済的に恵まれた日本で、勉強というとても贅沢なことをさせてもらえることが分からない人間が勉強したって意味がないから」

と話しました。

林先生1

林先生2

林先生3

確かに…と納得してしまうほど正論です。

勉強のやる気がない子はきっと胸にぐさりと刺さるはずです。

スポンサーリンク
とても厳しい言葉のようですが、確かに凄い説得力ですよね。

勉強ができることが「当たり前」なことだと思ってはいけないですよね。

こんな恵まれた環境は先人たちが努力をして作ってくれたわけですから。

勉強ってかなり恵まれた贅沢なことだったんだと改めて考えさせられますよね。

勉強にやる気のなくなったときは自分の置かれている立場を今一度考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

インド人の小学生の授業スタイルがヤバすぎだと話題に。これは日本人勝てないだろ…

よかったらいいね・シェアお願いします!