【悲報】牛乳石鹸の広告に「不快すぎる」「もう買わない」と批難殺到…

牛乳石鹸

お馴染みのロングセラー商品「牛乳石鹸」の広告が、

ネット上で「不快だ」との批判を浴びています。

一体どうして?!

 

スポンサーリンク

「不快だ」と批難殺到のCM

石鹸

長年国民から愛されている「牛乳石鹸」のCMが「不快だ」と批難殺到しています。一体どうしてでしょうか。

物議を醸している広告は、2017年6月に公開された「与えるもの」と題したWEBムービー。

動画がこちら。

動画は働くお父さんが主人公。

息子の誕生日ということで、仕事後にプレゼントとケーキを購入し帰ろうとするお父さん。

ここで、男性の心情を表したかのように、

「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」

とのナレーションが読み上げられます。

その後、お父さんは仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行きます。

帰宅したお父さんにお母さんは呆れ顔。

お父さんはそのまま風呂場へ。入浴シーンでは、牛乳石鹸が大写しになった後、気持ちを切り替えるかのように顔を洗います。

風呂から出た後、お父さんはお母さんに向かって「さっきはごめんね」と謝罪。

家族は改めて、息子の誕生日を祝い始める。その後、画面には「さ、洗い流そ」とのキャッチコピーが表示され、動画はそのまま終わります。

スポンサーリンク

 

「意味がわからない」との声が

石鹸

この動画について、牛乳石鹸の公式ウェブサイト上では、「父と子の絆。とある男のなんでもない1日の物語」とした上で、「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」と説明。

しかし、インターネット上では内容についての批判が相次いでいます。

「ただただ不快な気分になる」

「子どもの誕生日に飲んで帰って来て何を洗い流すの!?」

「約束しておきながら、ひとりだけ違和感を抱えて約束をたがえる(略)男性が何を伝えたいのか、まったくわからない」

「本当に意味不明だった」

「何を言いたいのこれ…」

確かにまったく意味がわからないCMですよね…。

もっと違う内容で石鹸に結び付けられなかったのでしょうか。

スポンサーリンク

ちなみに牛乳石鹸にCMについて問い合わせたところ「頂いたお問い合わせに関しましては、まことに勝手ながらお答えを差し控えさせて頂きます」との回答だったそうです。

あなたはどうおもいますか。

【公式LINE@】MediaGrooveの更新情報をいち早くお届け!
LINE@では、バズったりトレンドになっているネタがあれば、その情報をいち早くお知らせしています!
誰よりも先にトレンドネタを仕入れたい方、ぜひご登録ください♪
友だち追加

よかったらいいね・シェアお願いします!