【悲報】人気漫画『GTO』は僕のデビュー作のパクリ!と江川達也が証言…

GTO

なんとあの人気漫画『GTO』は漫画家・江川達也さんのデビュー作のパクリであることが判明…

その驚くべき内容とは?!


スポンサーリンク

人気漫画『GTO』

なんと漫画家の江川達也さんが、人気漫画『GTO』は漫画家・江川達也さんのデビュー作のパクリであると証言しました。

えっ?パクリだったんですか?!www

そもそもGTOってどんな漫画?という方、

『GTO』(ジーティーオー)は、漫画家・藤沢とおるさんによる漫画で、

『週刊少年マガジン』において、1997年から2002年まで掲載していたのです。

 

GTO2

 

東京・吉祥寺を舞台に、学校法人・東京吉祥学苑の教師に着任した元湘南の走り屋である鬼塚英吉が、

学園全体に巣食う数々の問題を型破りな方法で解決し、活躍する姿を描いた学園漫画。

 

ドラマ化やアニメ化もしており、社会現象になるくらい人気のマンガです。

作者の藤沢とおるさんも印税だけで年収15億以上あるのではと言われております…。

しかしここにきてまさかのパクリ疑惑が!

 

スポンサーリンク

 

先日某番組にて、人気漫画家の江川達也さんが、『GTO』は自身の作品のパクリだと指摘。

江川さんは『まじかる☆タルるートくん』や『東京大学物語』で有名な大御所漫画家。

なんと藤沢さんは江川さんのアシスタントを務めていたそう。

 

江川

まじかる☆タルるートくん

 

しかし3日ほど携わった後、藤沢さんがまさかの逃亡www

江川さんは「彼(とおる氏)はね、ウチに産業スパイに来てた」とジョークを交え、語りました。

 

そんな藤沢さんについて、江川さんは

「オレ、売れてたんで。(藤沢氏は)『秘伝のタレ』を盗みに来て。

(仕事のコツを)ペラペラ喋っちゃって」と当時を述懐。

 

その後、藤沢さんは『GTO』が大ヒット。

それについて江川さんは「これがね、僕のヒットしたデビュー作の『BE FREE!』のパクリなんですよ!」と暴露しました。

 

まさかのGTOがパクリだったとはwwww 暴露されたのが連載後でよかったですよねw

数年後、藤沢さんに再開した江川さんは「パクってたね?」と迫ると、

藤沢さんは「パクってました!」とあっさりパクリを認めたそうwww

江川さんも公認の『パクリ』だったのですね。

しかし3日間で技術を盗むなんて藤沢さん、天才すぎますよねwww

 

スポンサーリンク

 

ここまでくると逆に江川さんのデビュー作『BE FREE!』を読んでみたくなりますよね。

『BE FREE!』

ネットであらすじを読んでみましたが、

やっぱりGTOっぽい話でしたww

気になる方は是非読んでみてください。

 

関連記事

NASAが「地球は青くなく、丸くもない」と暴露!本当の姿がヤバい・・・

よかったらいいね・シェアお願いします!