外国人が生活保護もらいすぎ!こんなの許されるの?!

生活が困難な人に支給される生活保護。外国人ももらえることをご存知ですか?しかも○○万円も・・・。驚愕の事実を明らかにします!

 

スポンサーリンク

どれくらいの人数がいくらもらっているのか

産経ニュースの一部を抜粋してご紹介します。

厚生労働省の最新調査(平成24年度)によると、生活保護の受給世帯総数は月平均155万8510世帯で、うち外国人世帯は4万855世帯と全体の約2・6%。
総数が伸びる中、外国人世帯も10年前の約1・7倍に増加した。

国籍別(23年7月時点)では、韓国・朝鮮人が約2万8700世帯と最も多く、フィリピン(約4900世帯)、中国(約4400世帯)、ブラジル(約1500世帯)と続く。

生活保護費は全体で年間約3兆6千億円で、厚労省の概算によると、外国人に対する生活保護費はそのうち約1200億円に上る。

生活保護費は4分の3を国が、残りを自治体が負担しており、日本人に加えて外国人の受給世帯の増加が、地方自治体の財政を圧迫する結果になっている。

これだけでも不満が募ります。どうして日本人ではなく外国に富を分配しようとしているのでしょうか。そして、気になる生活保護額についてですが、月17万円もらう人も。贅沢をしなければこれだけで十分に生活が出来ます。保護どころではないですね。

ネットの反応

この外国人の待遇に、批判の声が殺到しています。

・外国人には廃止しろ。差別でないし区別しろ。もし欲しければ帰化すればいい
・母国に帰ってもらってください
・朝鮮人のホームレスはいない、と言われる所以だよね
・やめよう外国人優遇
・日本が支払い続けるナマポだの医療費だの助成金だの、コイツらが日本で発生させる犯罪の被害額だの、トータルで考えるとまとめて強制送還が一番安いはず

 

スポンサーリンク

生活保護の基準

本来の生活保護はどのような基準でどのような人たちを対象にしているのでしょうか。

厚生労働省によると「生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。」とあります。例えば

・病気で働けない
・母子家庭で小さな子どもがいる
・高齢で働きに出れない

などの場合、生活保護が適応される可能性があります。

外国人が適応される場合は、「合法的に日本に滞在していて、かつ、永住か定住などの在留資格を持っている外国人に関しては国際道義上または人道上という意味で、生活保護法を準用する」とあります。

要は、在留資格を持っている外国人であればいいということです。日本人と比べてハードル低くないですか・・・?

やっぱりあった!外国人不正受給問題

調べてみると、不正受給問題は山のように出てきます。

不正受給容疑で韓国籍の女を逮捕

2017年1月17日、京都府警右京署は韓国籍の無職、呂敏子容疑者(55)を逮捕しました。生活保護を申請後にクリーニング屋でアルバイトをしながら、おおよそ107万円を不正受給していたんです。税金がこんなところに使われていたなんて驚きです。

「ポルシェ」で万引、生活保護、49歳・韓国籍男逮捕

もはや都市伝説としか思えませんが、事実です。兵庫県警長田署に逮捕、起訴されたのは、韓国籍の無職、朴永錦被告(49)。

交通事故で1千万以上の保険金を受け取りながらも生活保護を受けていました。ポルシェは中古で300万円だったようで、残りの700万円は娯楽費(主にパチンコ)と食費に使ったようです。私欲の限りを尽くしてますね。

年商1億超えで生活保護?!韓国籍の女を逮捕

2013年6月14日、許愛栄(ホ・エヨン)被告(54)を逮捕。この女性、韓国人クラブを経営しつつ生活保護を受けていました。事業はクラブ経営を装って、韓国人のホステスを売春させていたそうです。その事業でも月収で200万円を超えていました。(この月収でも生活保護を受けていたんです。総額100万円以上)
なぜか、韓国籍の逮捕事件が多く出てきてしまいました・・・f(´-`;)

 

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!