フランス日曜日

働きすぎると言われている日本人。

対してフランス人は日曜日の賃金が2倍なんだとか・・・!

その衝撃の真実をご紹介します。

 

 

 

 

 

フランスの日曜日の賃金は2倍!

フランス日曜日

12月22日に放送された『NEWS23』(TBS系)で放送されたニュースが話題を呼んでいます。

 

日本では当たり前にあるコンビニエンスストア。

実はこのコンビニヨーロッパではほとんどと言っていいほど存在していないそうです。

コンビニがないなんて考えられませんね!

ヨーロッパの人が日本に来ると24時間営業しているコンビニに驚くなんて話をきたことがあります。

 

フランスでは、原則として日曜日は営業することができないようになっているようで、日曜日は安息に当てなければいけないという、キリスト教の教えにしたがり、法律で規制されてきたとのことです。

ただ、2年前に法律の見直しが行われ、日曜日の営業が観光地、商業施設で解禁となったようです。

パリ市内では、今年からようやく、日曜日の営業が本格化されたようです!

 

ただ、すんなり始まったわけではなさそうで、従業員組合と平日の2倍の賃金を支払うことで合意したということです。

日曜日の賃金が2倍ww

きちんと代休を取ることも可能とのことです。

私たち日本人から見たらとっても羨ましぎるお話です!!

 

さらにさらに、フランスにはバカンスの制度が設けられているため、法律で5週間の有給休暇が保障されているとのことです。

フランス人のバカンスのはとんどは夏に取られているようで、3週間連続で休んじゃう方なんてざらにいるらしいようです!

 

賃金は2倍!!休みは多いし。フランスに産まれたかった…。

 

もっとすごい地域はないかと調べて見たところ、マレーシアはもっと賃金が跳ね上がるようで、休日は同じく2倍ですが、祝日ともなればなんとなんと4.5倍まで跳ね上がるとのことです!

 

もうなんか悔しくなってきますよね・・・ww

 

 

 

 

日曜日に働くようにするなんて社会的な後退

フランス日曜日

パリ市内ではようやく浸透してきたかに思える法律ですが、まだまだ地方では浸透していないらしく・・・

フランス北部のレンヌでは、行政が指定した年間3日間しか日曜日の営業は許されていないそうです。

 

レンヌの行政側の意見としては、

日曜日は家族と過ごしたり、地域活動に参加したりして、フランス社会の基礎を作る特別な日。

たとえ労働者に利益があったとしても、結局はビジネスの競争原理の犠牲者になってしまう。

 

また、レンヌの市民の方も同意見のようで

日曜日に働くのは反対です。休養が必要だ
日曜日に店を開けてもっと働くようにするなんて社会的な後退だ

と話しているようで、まだまだキリスト教の教えが抜けきれていないようです。

こちらの法律改正に肯定的な意見を持つ者はまだまだ少数派のようですね。

 

 

 

 

ネットからの声

確かにこの条件ならフランス住みたいけど、コンビニないのは流石にきついな…。

先進国でまだ日曜日休んでたのかよww

賃金2倍は単純に羨ましい!

マレーシアは一体どうしたんだww

関連キーワード
話題】の最新記事
  • 人種差別
    【差別】黒人ベビーシッターが白人の子供を連れていただけで通報される・・・
  • 雛形あきこ
    女優・雛形あきこの「ラーメン二郎」が独特w w w w衝撃画像w w w w
  • バンクシー
    有名画家バンクシーの作品がオークションでシュレッダー!?いったいなぜ?
  • 手錠
    【悲報】「女子高生とエッチしたいけど、やると逮捕されるから…」下着を買い取った男、無事書類送検
  • JR新宿駅
    【動画】JR新宿駅で女性にだけ「ぶつかる男」がヤバ過ぎるw w w w
  • ボランティア
    【悲報】山口県・行方不明だった理稀くんを発見した男性に批判の声。その理由が・・・
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。