【拡散希望】気を付けて!Facebookのアカウント乗っ取り被害続出!

今被害が続出しているのが、大人気SNS「Facebook」のアカウント乗っ取りです!まだ被害にあっていない人も、これから増える可能性が高いため、事前に対策&防衛をしてください!

スポンサーリンク

Facebookでアカウントを乗っ取られるとどうなる!?

Facebookのアカウントを乗っ取られた場合、様々な被害を受ける可能性があります。その被害レベルも大小さまざま・・・。ここでは代表的な被害例をご紹介します。

 

スパムの連続投稿/不審なメッセージ送信

これは今に始まったことではなく、かなり前から被害を受けたケースがあるもの。なりすましでスパム投稿やメッセージを友達から送られてきたことはないでしょうか?

こういうケースでは、不審な広告やリンクを送ってきます。被害で多いのは、全て英語でメッセージと共にリンクが送られてくるケースです。

 

ほとんどコンタクトをとっていない人からのメッセージや、明らかに自分の友人とは違う内容のメッセージが送られてきたら要注意です。

 

また、友人から送られてくるだけならまだしも、自分のアカウントを乗っ取られてしまい、不特定多数の友人に勝手にメッセージを送ったり、自分のページで投稿することも考えられます。

 

こういったただのスパム投稿やメッセージ送信ならまだ、そこまで被害のレベルは低いものと言えますが、さらに金銭トラブルを招く可能性がある被害レベル大のものはこちら。

 

自分のクレジットで大量課金

PCを操作する女性

これが一番怖い被害ではないでしょうか。Facebookで何かしら課金をしているような人は、自分のアカウントでクレジットカード情報やPayPalアカウントを紐づけていることがあります。

 

そのような情報をアカウントに紐づけているときに、もしFacebookのアカウントを乗っ取られたらどうなるでしょうか?もちろん、それを悪用して課金を行なったり、さらに最悪なケースをかんがえると、クレジットカード情報を読み取られ、Facebook以外のところでクレジットを不正利用されてしまうこともおおいに考えられます。

 

スポンサーリンク

友人のFacebook/ラインのアカウントを乗っ取る

さらに、自分だけではなく、自分のアカウントが乗っ取られたことで、自分の周りの友人に被害が及ぶこともあります。

 

この場合、「携帯でコードを受け取ってほしい」といった内容のメッセージを無作為に友人に送り、そこから友人のアカウントまで乗っ取ろうとするケースです。こうなると、被害は無限に拡大してしまいますので、受け取る側の方も、むやみやたらに個人情報をSNS上でやりとりするのはかなり危険です。

 

そんなFacebookアカウント乗っ取りを防ぐ方法

では、こんな被害が拡大している中、どのような対策をとればよいのでしょうか?

怪しいメッセージには返信をしない、SNS上でカード情報などの個人情報の交換は一切しない、というのは当たり前の防衛方法ですが、他にもこのような対策をしておくことが大事になります。

 

・友達リストを非表示、非公開に設定し、友人にも同じように非表示にしてもらう。

・自分のメールアドレスの公開範囲を制限する。

・Facebookに登録するメールアドレス自体を自分しか知らない専用のものにする。

・乗っ取りに必要な「セキュリティコード」の送信先となり、アカウントリカバリの際に「協力してもらう四方田知」となる信頼できる連絡先を3人以上事前に登録しておく。

※設定→セキュリティ→信頼できる連絡先、から設定が可能です。

 

いかがでしたか?SNSは便利な面も多数ある一方で、犯罪の手段にされやすい媒体です。自分の身は自分で守らないといけないですね。みなさんも、気を付けて下さい。

 

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!