大阪地震で9歳女児が死亡、原因の落下したブロック塀構造が酷すぎる…

大阪地震

大阪で起きた震度6弱の大地震。

ブロック塀の下敷きになった女児が搬送先の病院で死亡。

原因のブロック塀の構造が酷すぎた…。

 

 

スポンサーリンク

 

大阪で震度6弱の大地震が発生、女児が落下したブロック塀の下敷きに

大阪地震

<出典:NEWS まとめもりー>

 

6月18日午前7時58分ごろに

大阪府北部が震源の震度6弱の大地震が起きました。

京都や滋賀、兵庫、奈良も震度5を記録するなど被害も大規模に。

 

大阪府北部高槻市の小学校ではブロック塀が倒壊、

通学中であった女児が下敷きになり死亡

この痛ましい事故に多くの人が嘆いています。

 

高槻市の市長は18日の午後会見を開き、

女児が亡くなってしまったことに対して、

「児童の保護者、ご家族に対して、心からお悔やみ申し上げます。学校施設の一部の壁が倒壊したことにより死亡事故が発生したことについて深くお詫び申し上げます」

と述べました。

大阪府内では他にも、

大阪市東淀川区で80歳代の男性がブロック塀の下敷きになり死亡しています。

大阪地震

<出典:NEWS まとめもりー>

 

今回、女児が亡くなった場所のブロック塀画像がこちら。

ペイントされていてわかりづらいですが

おそらく上半分は後付けでブロック塀を重ねているように見えます。

このことが判明すると、事前に防ぐことができた人災だったと悲しむ声も。

 

スポンサーリンク

ブロック塀倒壊による死者は過去にも…構造がヤバイ…

大阪地震

<出典:NEWS まとめもりー>

 

こうした地震の影響で倒壊したブロック塀に下敷きになり死亡する事故は

過去におきた宮城県沖地震(1978)福岡沖地震(2005)でも発生しており

このブロック塀問題は全国的に知れ渡っていました。

 

塀の建築基準は宮城県沖地震後、1981年から改正され高さが1.2メートルを超えた場合は

中に鉄筋を入れるなど基準が設けられています。

しかし改正前から設置されていた塀はそのままで放置してある場合もあり、

それが原因で現在も事故が起き続けているわけです。

 

大阪地震

<出典:Twitter@ZeroE13A1>

 

今回も控壁という塀の支えが設置されていて然るべき作りでしたが、

倒壊前の写真を見てもそのような支えは見当たりません。

 

大阪地震

<出典:Twitter@KahogoP_nicodou>

 

防ぐことのできた事故だったのかもしれませんが…。

今後、このような死亡事故を防ぐために、全てのブロック塀の構造を見直して増築することを望みます…。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

落ちた塀を見る限り鉄筋は入ってそう
繋ぎ部分がまずかったんだろう

義務がなくても強度考えれば入れるだろう普通。

高いブロック塀は大人でもやばいからな

とても震災を経験したことある地域の言葉とは思えんw

まともに施工しとけばそうそう倒れないからな
ケチな人がさらにケチった結果

かわいそうに
人災だよ

毎回毎回
ブロック塀で死ぬのに放置しているのは何でなの。

特定の業者に受注させるために「ブロック塀で」って仕様になってたんじゃね
あの高さに後付けでブロック塀とか頭おかしい

 

悲惨な事故でした。

小学校なら第一に安全を考えるべきなのに、なんの安全策も取られていなかったことに憤りを感じます。

【公式LINE@】MediaGrooveの更新情報をいち早くお届け!
LINE@では、バズったりトレンドになっているネタがあれば、その情報をいち早くお知らせしています!
誰よりも先にトレンドネタを仕入れたい方、ぜひご登録ください♪
友だち追加

よかったらいいね・シェアお願いします!