ドリカムの解散危機?!理由をリーダーがぶっちゃけた!!

誰もが認める国民的人気バンド「DREAMS COME TRUE」(以下ドリカム)ですが、ついに解散危機?!リーダーでベースの中村正人さんが語りました。



スポンサーリンク

ドリカムのデビュー当初

事実があらわになったのは4月18日に放送されたTBS系トークバライティ「マツコの知らない世界」。1988年に結成し、「吉田美和ビジネスに人生をかけた男」と紹介されてスタジオへ登場。ドリカムの歴史を語りました。

デビュー当時のメンバー目標はバラバラ。

ボーカルの吉田さんは「歌って生きていきたい」
当初キーボード担当をしていた元メンバー西川隆宏さんは「吉田のためなら何でもやる」
中村さんは「売れたい。モテたい。儲けたい」

メンバーでここまでバラバラなのも珍しいのではないでしょうか?さらに「彼女(吉田)は決して自分からプロモーションをした人間でもないし、デモテープを作ったこともない」と、吉田さんのぶっちゃけトークが始まり、

「吉田美和はポジティブと言われますけど、本当の彼女はポジティブでもなければ、ちょっとダーク」

「出会った頃は真っ黒な服を着ていてまったくの無口だったんですよ。異常な人見知りでして、それで中々テレビには」
「あとは、本当に家からあんまり出なくてですね。キッチンで前掛けをしたまんま、お出汁を作りながら仕事をするんですって」

と発言。普段目にする吉田さんとは想像つきませんよね。

スポンサーリンク

解散危機?!その一部始終とは

吉田美和と僕の歴史は“闘争の歴史”です。西川がいたときはよかったが、本当に厳しい闘争の歴史」と、吉田さんと365日解散危機にある関係性を隠すことなく話しました。

吉田さんはアーティスティックに考えるし、僕はビジネス的に考えちゃうので、そこがキツイ戦いなんですけど」
ただ吉田さんは確かに天才なんですよ。器に入れておかないと商売にならない。」

「僕はクビになるわけにはいかない。解散じゃないドリカムの場合、僕がクビになる」
「吉田はひとりになってもドリカム」
僕ギリギリですよ。本当に難しいんですよ。難しんですよね……」

一見順風満帆に進んでいるように見えるドリカムですが、見えない努力の結晶が今のドリカムを作り上げてるんですね。

ネットの反応

365日解散危機ってネタに出来る30周年っていい関係だな パワーバランスもきっと正常なんだろう まあクビになってもダチョウ倶楽部があるから平気だろ
90年代ドリカムの稼ぎは想像つかないレベルだった
・笑顔の行方、さよならを待ってた、決戦は金曜日 中村正人は天才
・この番組みてたけどキマヅイ会話ばかりで、マツコよくうまく対応してると思ったな

今後のドリカムの楽曲も楽しみです!

関連記事

【悲報】SMAP解散後、元メンバーの現状格差がひどすぎる…
【ゲス極】事務所との契約満了。遂に事実上解散・・・?!
Dream5、年内で活動終了・・・。その理由とは!?

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!