通帳

父と母が離婚 母の方に引き取られた私

しかし生活苦の日々。母から働いて欲しいと

まで売ったのに・・・衝撃の事実・・・

父と母が離婚。母に着いて行くと決意

私が小学校低学年、弟がまだ幼い頃に両親が離婚しました

それ以来、父とは会うこともなく母子家庭で家族3人で暮らすことに

 

母が言うには父は愛人を作りその人と暮らすために私たちを捨てたとのこと

 

そう言う風に聞かされて、私は父のことが嫌いになっていました

 

父は私に一緒に暮らさないかと聞いてきたのですが

当然受け入れがたく

「お父さん嫌い。二度と会いたくない。」

強く拒否しました。

 

母は私と弟を養うために朝から晩まで一日中

水商売を掛け持ちして働いて生活費を稼いでいたのですが

それでも決して豊かな暮らしとは言えない生活苦

 

貧乏な暮らしで、当然欲しいものなんて買ってもらえるわけもなく

冬になると凍えるような寒さに苛まれながら暖房もつけずに

弟と寄り添い母の帰りをお腹をすかせて待つ日々もありました

 

それでも母を信じ私は小学校6年生から家事全般を手伝うようにしました

高校中退、そして水商売へ・・・

退学願

 

私が高校生に進学してからしばらく経って

母から思わぬ提案がありました

 

不景気だから給料が下がってしまった

それなのに家賃は上がる一方。これでは生活ができない

父からの養育費もなく母も肝臓を悪くし医者にかかっている

弟はこのままじゃ進学できない

 

だから私に高校を中退して働いて欲しいと言う

これまでの苦労にさらに上乗せされる厳しい現実

 

女は高校に出なくても嫁げばいい

そんな言葉を母に泣きながら言われ

私は友達のいる高校を去ることにしました

 

18になるまで給料から1万円引いた額を全て母に渡す生活

それも母を支えるためという使命感から辛くとも続けました

 

20歳になってからは水商売に手を出し

毎月20万円も母に手渡していたのですが一向に生活が豊かになりません

 

疑問に思い母に尋ねても

「毎月、30万円くらいないと家計が回っていかないのよ。」

そんな風に、まだ足りてないと言われるだけでした

母が突然死、衝撃の事実が発覚する

医者

あるとき母が突然死しました

死因は心筋梗塞

母の葬式のために母方の身内に連絡を取るも

香典を送るとだけしか言われず、私と弟の二人だけで家族葬をしました

 

母が死んだ、遺品を整理していると通帳が何冊も出てきました

その中も見て私は驚愕しました

 

その通帳には毎月20万円、半年おきに数十万円

そして数年おきに数百万円という額が振り込まれていたのです

 

それなのに残金は数十万円程度・・・

 

私はわけがわからず茫然自失になっていました

 

 

 

それから、弟と話し合い父と連絡を取ることに

そこでさらに衝撃の事実が判明しました

 

父は愛人など作っておらず

離婚の原因は母が自営業である父の会社からお金を使い込んだから

 

私たちに嘘の理由を伝えたおかげで

父を嫌いになっていた私が面会を拒否していたため

父はこれまで会いに来れなかったということでした

 

母の通帳に振り込まれていたお金は

父からの養育費入学資金でした

 

父からのお金を母が何に使ったのかはわかりませんが

どうしても許せないことは

離婚して引っ越した賃貸は実は父が購入した支払い済み物件だったこと

 

私はなんのために高校を中退してまで働いていたのか・・・

 

あの時、母に高校に在学したいとわがままを言えばよかった・・・

みんなの声

洗脳されたとしか言いようがないわ。
父親が悪いってことを子供に言い聞かせて、母がかわいそうなんだって言い聞かせて、
そういう子供の心を支配した鬼母としか思えない。

これはむごすぎる、母親だからって子供の人生を不幸にして言い分けないはずだ。

どんな親でも子供は親を、特に母親を信じるもんな。でも、許せないわ!

 

関連キーワード
修羅場, 怒り, 話題, 驚き】の最新記事
  • 松嶋菜々子
    出ました!松嶋菜々子の“嫌味節”広瀬すずがビビった言葉がこちら
  • 野村周平
    【サッカー炎上】野村周平『なにこの試合』ツイートに批判殺到w
  • キングコング 西野亮廣
    キンコン西野、3億円寄付騒動にとんでもない裏があるとバラされるww結果ww
  • 安室奈美恵
    安室奈美恵とMAXの確執が明らかに…
  • 女医 脇坂英理子
    女医・脇坂英理子が久々TV出演で、“あの報道”について痛烈批判ww
  • 女子会 乾杯
    合コンで「イラッ!」ときてしまう女子の特徴3選
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。