団塊世代の電車の常識悪すぎワロタ。注意した結果・・・

電車で妊婦さんや小さいお子様など、席の譲り合いが時折ありますが、常識はずれのおばさんが割り込み!それに対応するサラリーマンがナイス対応!

何をしたんでしょうか?

スポンサーリンク

現場の一部始終

昼過ぎの山手線に乗っていた男性。その電車内に赤ちゃんを抱いた女性が乗り込みました。その女性が近くにいたため、その男性は席を譲ろうと立ち上がります。ここにその女性が座り込むはずでしたが、そこに我先にと座り込んだのはその女性の横に立っていた図々しいおばさん。

「赤ちゃんを抱いている女性を楽にするために席を立ったのに・・・。おばさんの為じゃない」

と思い、男性はおばさんに声をかけようとします。すると、おばさんのいる席(元々は男性が座っていた席)の横に座っていたサラリーマンが立ち上がり女性に向かって「どうぞ」と席を譲ったのです。

サラリーマンは男性にも一礼しその場をさろうとします。が、おばさんに向かって

「あなた以外にも席を必要としてる人がいます」
「人の善意につけ込むのはよくないですよ」

と一喝。注意すると聞ける程度の声で、出来るだけおばさんのみに聞こえるように言ったのです。その男性にもこの言葉が聞こえてきたのでびっくり。電車で人に注意する/されるというのはどちらも恥ずかしい面がありますし、おばさんに言いたいことを言ってくれたサラリーマンには感謝の気持ちが生まれますね。

スポンサーリンク

まだまだある!団塊世代の常識はずれ

いたるところから常識はずれな話が出ています。

 

モラルやマナーという概念を知らないのか、といわんばかりの座り方をしていますね。注意されると理不尽に怒られそうです。

2013.07.15 20:58に投稿された@choco_paperさんのツイートです。

今までのわたしの人生の中で1番団塊世代に恐怖したのは、おじいさんが駆け込み乗車しようと走ったけど眼前で電車の扉が閉まって、そうしたらおじいさんが車掌さんに「開けろ!」ってブチ切れて、車掌さんが宥めても聞かずに車両を思いっきり蹴ってたときかな。

自分の我を通すために一生懸命。職場でも大変そうなことが行動から伺えます。

 

これは首都圏ではないとは思いますが、とんでもない行為ですね。

 

これは迷惑行為ではなく、強盗という立派な犯罪ですよね。

親子連れでの迷惑行為

最後にスカッとする話をひとつ。どのような世代にも周囲に迷惑をかける人種がいるんですね。

この前はパン屋でさ、ガキが買いもしないパンを素手で触りまくってたよ
それを親に注意したら、ちょっと触ったくらいいいじゃないとかほざきやがったよ
頭来たんで、その親が買ったばっかりのフランスパン握りしめて「ちょっと触ったくらいいいんだよね?」って言ったら、危うく警察呼ばれかけた

それがさ、相手が弁償しないと警察呼ぶとか言い始めてさ
俺がブチ切れそうになってたら、パン屋の店長が助けてくれたんよ

店長「人に触られたから、パンを弁償して欲しいと?」
糞母「ええそうです!この人が、私が買ったパンをダメにしたんですよ!」
店長「それなら、あなた弁償しなさい」
俺「はああ!?」
糞母「ふふん(勝ち誇り)」
店長「あ、お母さん。あなたも弁償してくださいね」
糞母「はあ!?なんで私が!?」
店長「あなたの言い分を通すなら、あなたのお子さんが触ったパンも弁償するのが当然なんじゃないんですか?」
糞母「それは……!」
店長「ね?お母さんの立場も悪くなりますよ?だから、今日はこのへんで……」
糞母「……!」(無言帰宅)

あの店長なら、掘られてもいい

周囲に目を向けて行動をしたいですね!

スポンサーリンク

よかったらいいね・シェアお願いします!